平成28年度【全期】小樽市観光入込客数の概要

(平成29年6月2日発表)

1観光入込客数

(100人未満四捨五入)

区分

平成27年度

平成28年度 対前年度増減 対前年度比

上期

413万1,900人

404万7,300人

▲8万4,600人

98.0%

下期 381万7,400人 386万400人 4万3,000人 101.1%
全期 794万9,300人 790万7,700人 ▲4万1,600人 99.5%

平成28年度の観光入込客数は、790万7,700人となり、対前年度比で99.5%の微減となりました。
主な内訳をみると、道外客数は上期、下期とも中国人をはじめとした外国人観光客が好調に推移していることなどにより対前年度比で107.8%の279万2,600人となりましたが、道内客数は、夏季の相次ぐ台風の接近や大雨、下期では11月、12月の寒気や大雪などにより、入込が落ち込み、対前年度比で95.5%の511万5,100人となりました。
宿泊客数は、対前年度比で105.1%の73万6,200人となり、5年連続の増加となりました。特に、外国人宿泊客数については、新千歳空港とアジア圏を結ぶ国際定期便が増便となったことなどにより、対前年度比で133.2%の17万826人となり4年連続で過去最高を更新しました。国別の宿泊者数では中国が3年連続のトップとなっており、直行便の就航、増便が相次いだ韓国が対前年度比で161.2%となり前年の4位から2位となりました。

観光入込客数は微減となりましたが、宿泊客数の増加、特に観光消費単価の高い外国人宿泊客数が大幅に増加したことから、市内への経済波及効果は前年度を上回ったものと考えられます。

2道外・道内客数

(100人未満四捨五入)

区分 平成27年度 平成28年度 対前年度増減 対前年度比
上期

道外客数

147万1,100人

158万2,200人

11万1,100人

107.6%

道内客数

266万800人

246万5,100人

▲19万5,700人

92.6%
下期 道外客数 112万600人 121万400人 8万9,800人 108.0%
道内客数 269万6,800人 265万人 ▲4万6,800人 98.3%
全期 道外客数 259万1,700人 279万2,600人 20万900人 107.8%
道内客数 535万7,600人 511万5,100人 ▲24万2,500人 95.5%

  

3宿泊・日帰り客数

(100人未満四捨五入)

区分 平成27年度 平成28年度 対前年度増減 対前年度比
上期

日帰り客数

374万6,100人

365万2,400人

▲9万3,700人

97.5%

宿泊客数

 38万5,800人

39万4,900人

 9,100人

102.4%

宿泊客延数

 44万6,500人

46万700人

 1万4,200人

103.2%
下期 日帰り客数 350万3,000人 351万9,100人 1万6,100人 100.5%
宿泊客数 31万4,400人 34万1,300人 2万6,900人 108.6%
宿泊客延数 37万7,200人 41万1,400人 3万4,200人 109.1%
全期 日帰り客数 724万9,100人 717万1,500人 ▲7万7,600人 98.9%
宿泊客数 70万200人 73万6,200人 3万6,000人 105.1%
宿泊客延数 82万3,700人 87万2,100人 4万8,400人 105.9%

 

4修学旅行宿泊客数

修学旅行宿泊客数

区分

平成27年度

平成28年度 対前年度増減 対前年度比
上期

修旅宿泊客数

9,376人

9,827人

451人 104.8%

修旅宿泊学校数

107校

108校

1校

100.9%
下期 修旅宿泊客数 7,080人 5,697人

▲1,383人

80.5%
修旅宿泊学校数 48校 47校 ▲1校 97.9%
全期 修旅宿泊客数 1万6,456人 1万5,524人 ▲932人 94.3%
修旅宿泊学校数 155校 155校 ±0校 100.0%

 

5外国人宿泊客数

外国人宿泊客数

区分 平成27年度 平成28年度 対前年度増減 対前年度比
上期

外国人宿泊客数

5万1,867人

6万1,561人

9,694人

118.7%

外国人宿泊客延数

5万7,964人

6万8,383人

1万419人

118.0%
下期 外国人宿泊客数 7万6,356人 10万9,265人 3万2,909人 143.1%
外国人宿泊客延数 8万8,655人 12万4,186人 3万5,531人 140.1%
全期 外国人宿泊客数 12万8,223人 17万826人 4万2,603人 133.2%
外国人宿泊客延数 14万6,619人 19万2,569人 4万5,950人 131.3%
【参考・28年度宿泊客数トップ7の過去5年間の推移】
区分 H24 H25 H26 H27 H28
人数 前年比 人数 前年比 人数 前年比 人数 前年比 人数 前年比 人数 前年比
1位中国 宿泊人数 4,318 74.5% 9,921 229.8% 27,169 273.9% 36,482 134.3% 44,208 121.2%
宿泊延数 5,066 77.1% 11,082 218.8% 30,337 273.8% 40,073 132.1% 49,418 123.3%
2位韓国 宿泊人数 7,977 186.5% 9,692 121.5% 11,555 119.2% 16,594 143.6% 26,742 161.2%
宿泊延数 9.524 170.6% 11,050 116.0% 13,739 124.3% 18,847 137.2% 28,937 153.5%
3位香港 宿泊人数 14,711 122.3% 19,009 129.2% 14,602 76.8% 17,288 118.4% 26,470 153.1%
宿泊延数 16,816 123.5% 22,722 135.1% 17,451 76.8%

20,553

117.8%

29,350 142.8%
4位台湾 宿泊人数 8,148 213.1% 12,727 156.2% 16,782 131.9% 18,947 112.9% 24,075 127.1%
宿泊延数 8,970 185.0% 13,716 152.9% 17,556 128.0% 20,162 114.8% 25,764 127.8%
5位タイ 宿泊人数 1,261 381.0% 6,714 532.4% 12,056 179.6% 15,338 127.2% 14,587 95.1%
宿泊延数 1,482 400.5% 7,045 475.4% 12,718 180.5% 16,296 128.1% 15,700 96.3%
6位シンガポール 宿泊人数 4,093 143.9% 6,889 168.3% 6,432 93.4% 9,067 141.0% 11,753 129.6%
宿泊延数 4,742 152.9% 8,091 170.6% 7,732 95.6% 10,498 135.8% 13,537 128.9%
7位マレーシア 宿泊人数 649 157.1% 1,824 281.0% 1,842 101.0% 4,842 262.9% 8,058 166.4%
宿泊延数 813 164.9% 1,972 242.6% 2,084 105.7% 5,660 271.6% 9,103 160.8%

  

6海水浴客数(上期で発表済み)

海水浴客数

区分 平成27年度 平成28年度 対前年度増減 対前年度比
海水浴客 15万7,600人 14万8,800人 ▲8,800人 94.4%

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.