災害に備えましょう

災害はいつ襲ってくるかわかりません。日ごろから防災に対する心構えをし、いざというときに的確な行動がとれるようにしておきましょう。

非常持出品をチェックしましょう

非常持出品は普段から用意しておきましょう。あまり欲張りすぎると避難時に支障が生じますので注意しましょう。(目安として、成人男性で15kg,女性で10kg)

 

  • 【衣類】下着、上着、タオル、手袋、紙おむつなど
  • 【非常食品】かんぱん、缶詰など火を通さなくても食べられるもの。ミネラルウォーター、水筒など
  • 【携帯ラジオ】(予備の電池は多めに用意しておく)
  • 【貴重品】現金、権利証書、預貯金通帳、免許証、健康保険証など
  • 【応急医薬品】目薬、傷薬、胃腸薬、救急絆創膏、包帯、鎮痛剤・解熱剤・消毒薬など(病人やお年寄りの常備薬を忘れずに)
  • 【照明器具】懐中電灯(予備の電池を忘れずに)、ろうそく(マッチ、ライターを忘れずに)

 

参考リンク非常持ち出し品緊急時には、何が必要なのか?

 

家庭備蓄用品

災害復旧までの数日間を自足するための生活必需用品は、被害を受けにくく、災害時に取り出しやすい場所にまとめておきましょう。

 

  • 【非常食品】飲料水、乾パン、缶詰、インスタント食品、菓子類、調味料
  • 【燃料】卓上・携帯コンロ、予備のガスボンベ、マッチ、ライター
  • 【生活用品】毛布、寝袋、防寒着、洗面用具、ドライシャンプー、鍋、やかん、ポリタンク、バケツ、トイレットペーパー、簡易トイレ
  • 【生活用水】風呂、洗濯機などへの水のくみ置き(お子さんの水の事故に注意してください)
  • 【その他】ラップ、使い捨てカイロ、ビニールシート、ガムテープ、新聞紙、ロープ、バール、スコップなど

 

参考リンクいざというときの備えを

「緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド」→農林水産省ホームページ

 http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/pdf/shininful.html(外部サイト)

 

避難場所を確認しましょう

日ごろから避難場所の場所や避難経路などを確認し、災害時には速やかに避難できるようにしておきましょう。

 

災害時の電話について

 大きな災害が発生すると、被災地への安否の確認やお見舞いの電話が通常の何十倍も殺到するため、通信設備がマヒ状態になり電話がかかりにくくなります。

 

◎電話の使用はできるだけ控える

 火事や救急などの緊急通報や防災関係機関が行う救助・復旧活動などの重要な通信を確保するため、緊急通報以外の電話の使用はできるだけ控えましょう。

◎電話がつながらないときは

 電話がつながらないときには、しばらくたってからかけ直すしかありません。続けて何度もダイヤルすると、いっそうかかりにくくなります。

◎電話での要件は手短に

 電話がつながったときには、他の重要通信を確保するため、お話は手短に済ませましょう。

◎公衆電話を使うときは硬貨で

 公衆電話は、停電になるとテレフォンカードが使えなくなります。10円硬貨や100円硬貨を用意しておきましょう。

 

災害用伝言ダイヤル・携帯電話災害用伝言版サービスの利用

 家族や友人の安否確認は伝言ダイヤルや災害用伝言版のサービスを利用しましょう。

 

 

広報おたる掲載シリーズ「災害」に備える」

広報おたるにシリーズとして「災害に備える」を掲載しています。過去に発生した災害を振り返り、実際に災害が発生してしまった場合、どのように対処したらいいのかなどをお知らせしています。

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.