星置川洪水ハザードマップ

星置川洪水ハザードマップダウンロード

雨の降り方と強さ

雨の降り方と強さ
雨の降り方

1時間に80mmの猛烈な雨
大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

 

1時間に50mmから80mmの非常に激しい雨
傘は全く役に立たなくなる。車の運転は危険。土石流など多くの災害が発生する。

1時間に30mmから50mmの激しい雨道路が川のようになる。山崩れやがけ崩れが起こりやすくなる。

 

1時間に20mmから30mmの強い雨

車はワイパーを早くしても見づらくなる。側溝や下水、小さな川があふれる。

 

1時間に10mmから20mmのやや強い雨

地面一面に水たまりができる。長く続くときは注意が必要。

 

危険度 危険度の大きさ

 

洪水情報の説明

大雨の影響で河川の水位が上昇し、はん濫します。雨の降り方や住んでいる地域で異なりますので気象情報や避難情報に注意し避難の準備をしましょう。

(下図の水位の高さは星置川の場合です。)

 

危険度レベル1:水防団待機水位5.89m、危険度レベル2:はん濫注意水位6.15m、危険度レベル3:避難判断水位6.39m、危険度レベル4:はん濫危険水位7.14m

 

  • 高水敷(こうすいじき)は、複断面の形をした河川で、常に水が流れる低水路より一段高い部分の敷地です。
    平常時にはグランドや公園などで利用されていますが、大きな洪水時には水に浸かってしまいます。
  • 水位の基準は東京湾平均海面です。

 

洪水情報と危険度レベル
危険度レベル 水位の名称 洪水情報 とるべき行動
レベル5 (はん濫発生) 星置川はん濫発生情報 逃げ遅れたら、無理せず、救助を待ちましょう。
レベル4 はん濫危険水位 星置川はん濫危険情報 避難完了
レベル3 j避難判断水位 星置川はん濫警戒情報 避難開始
レベル2 はん濫注意水位 星置川はん濫注意情報 避難準備
レベル1 水防団待機水位 (発表なし)

 

避難情報の伝達方法

避難情報の伝達方法イメージ図

 

避難情報は小樽市災害対策本部(小樽市役所)から、報道機関(テレビ・ラジオ)、エリアメール、広報車、地区情報責任者(消防団員)などを通じて市民のみなさんへ伝達します。

 

 

避難時の注意点

避難前の確認

ガスや電気、火種を消し、戸締りをしましょう

 

ガスや電気、火種を消し、戸締りをしましょう。

 

 

 

 

運動靴で避難

裸足、長靴での避難はやめましょう

 

 

歩きなれた運動靴で避難しましょう。裸足、長靴はやめましょう。

 

 

 

 

 

段差や溝に注意

段差に注意。

 

棒で確認しながら歩き、側溝や水路に注意しましょう。

子どもから離れない

はぐれないように、体をロープで結んで避難しましょう。

 

災害用伝言ダイヤル171

災害用伝言ダイヤルのイメージ

 

災害発生により、電話などが通じにくくなった場合に利用できます。

ガイダンスに従って録音・再生してください。

 

災害時の伝言ダイヤルや伝言板については「災害用伝言ダイヤル・携帯電話災害用伝言版サービス」のページをご覧ください。

 

 

災害情報

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.