知っておこうヘビの基礎知識

 市民の皆さんから、ヘビに関する相談が多数寄せられます。

 また、被害を受けないためには、まずその生き物の習性を知ることも大切です。

 ここでは、皆さんにも知っていただきたい、ヘビの習性などについてお知らせします。

 

 市で行うヘビの駆除は、マムシなどの“毒ヘビ”だけが対象です。

マムシマムシ2

マムシ

 アオダイショウアオダイショウ(幼生)

アオダイショウ

 

  •  マムシ(上側2匹)は体に斑紋があり、頭が三角形に近い形をしています。
  •  マムシは、よく見かけるアオダイショウ(下側2匹)に比べると小型のヘビです。
  •  アオダイショウの子供の時(右下)は、色も模様もマムシに似ていて間違いやすいので、注意しましょう。

市内で見られるヘビは、ほとんどアオダイショウ(無毒)、シマヘビ(無毒)、マムシ(有毒)の3種類です。

判断できないときは、お問い合わせください。

 

 毒の無いヘビは有益な生物

 ヘビに関する相談は、5月から10月に多数寄せられます。市では「マムシ」などの毒ヘビのみを必要に応じ、捕獲などの

駆除を行います。毒の無いヘビは、自ら人間にかみつくことはないといわれており、また、ネズミを捕食するなど益な

 生物であるため、原則駆除は行いません。移動するまでしばらく様子を見るか、石や棒などで追い払う、また、忌避剤の

 散布が有効です。

 

 ヘビを寄せ付けないために

 ネズミなど、ヘビのエサとなるものを駆除することが有効です。また、草むらの柔らかい土の穴木の根元石垣の隙間

 などはヘビの巣になります。草刈をして日当たりを良くし、穴や石垣の隙間を埋めましょう。人家への侵入は、穴や隙間を埋め、

 塀などを設置する事で防ぐことができます。

 

 ヘビにかまれないために

 毒ヘビがいそうな場所では、長靴や長袖、長ズボンを着用しましょう。なお、マムシの攻撃半径は約30cmと言われています

 ので、1メートル以内には近寄らないようにしましょう。

 

 ヘビについての相談は・・・

 小樽市生活環境部生活安全課市民相談係

 〒047-8600

小樽市花園2丁目12番1号

 電話0134-32-4111内線226

 ファクス0134-22-1345

seikatu-anzen@city.otaru.lg.jp

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.