HIV/エイズについて

平成28年7月28日

HIV/エイズとは

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)は、エイズ(AIDS:後天性免疫不全症候群)を引き起こす原因となるウイルスです。

エイズとは、HIVに感染したことで、免疫力が低下し、様々な合併症(感染症やがんなど)が引き起こされた状態のことをいいます。

 

HIVに感染してからエイズになるまでは時間がかかるため、早めに発見して治療を始めることが重要になります。

 

主な感染経路

HIVは主に3つの経路で感染します。

 

1.性行為

最も多い感染経路です。
ウイルスは主に血液や精液、膣分泌液に含まれており、性器や肛門、口などの粘膜をとおして感染します。

2.血液

ウイルスが含まれる血液のついた注射器具の使用などによって感染します。

3.母子感染

感染している母親から、妊娠中・出産時・授乳によって感染します。

 

HIVの感染力は非常に弱いため、性行為以外の日常生活の中で感染する心配はありません。

 

予防法

コンドームを正しく使用した性行為の実践で予防ができます。

HIV検査を受け、感染の有無を確認することも大切です。

事前に分かっていれば、お母さんから子どもへの感染は防止できます。

 

自分のため、パートナーのため、生まれてくる子供たちのため、感染を予防しましょう。

 

検査について

小樽市保健所では、下記の内容でHIV抗体検査を実施しています。

 

  • 検査日:週1回(日時、場所についてはお問合せください。)
  • 検査内容:血液検査による迅速検査(問診・説明を含め、1時間程度で結果が分かります。)
  • 検査料金:無料
  • 申し込み:小樽市保健所健康増進課(電話22-3110)へ電話予約をしてください。電話相談も行っています。

 

予約から結果説明まで匿名で検査ができます。

検査は、小樽市民でなくても受けることができます。

また、小樽市民の方が他の地域の保健所で受けることもできます(全国どこの保健所でも、匿名で検査を受けられます。)。

 

ご希望の方には、性感染症検査(梅毒・クラミジア・肝炎)も同時に実施できます。

性感染症の検査結果は、翌週以降に保健所に来所いただき、直接お知らせします。

 

【注意】検査の時期について

HIVに感染していても、抗体ができるまでの期間は正確に判定されないことがあります。

そのため、検査の時期は感染の機会から3か月以上経過した後をおすすめしています。

 

HIV/エイズに関する情報

下記のホームページに情報が掲載されていますので、御参照ください。

 

 

啓発資料(小樽市保健所作成)

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.