歯と口の健康〜大人編〜

歯周病は口の生活習慣病

 歯ぐきの炎症により、歯ぐきの腫れや出血が見られ、口臭も現れるのが歯周病です。                                                         歯周病と全身の健康は関係します

重症になると歯がぐらぐらして抜けてしまうこともあり、予防が大切です。

歯周病は 歯周病の原因菌が引き起こすものですが、肥満の方や糖尿病のある方は、特に歯周病になりやすいといわれています。

また、肥満の解消にも良くかむことが有効ですので、歯周病を予防し良くかめる状態を保ちましょう。

健康診査で肥満や糖尿病を指摘された方や、歯ぐきの色や形、口臭が気になる方は相談を受けてください。

保健所では、歯科相談、訪問健康相談を行っています。

 

歯周病について、もっと詳しく知りたい方はこちら

 

歯周病セルフチェックをしてみましょう

 

 

 

 

 

 

良くかんで肥満解消

   一口30回かんで食べることを推奨する「噛ミング30(カミングサンマル)」を知っていますか。 厚生労働省では、この噛ミング30を通して、よくかんで食べる効用を提唱しています。 

  良くかむことで、つばが出て消化吸収を助けるだけでなく、ゆっくり食べることにもなりますので食べすぎを防ぎます。よく噛んでおいしく食べましょう

良くかめる歯があることは、いろいろな食品が食べられるということ。野菜たっぷりの食事をしっかりかんで楽々ダイエットを目指しましょう。

  また、つばに含まれる物質には、若さを保つことや、認知機能を改善することなどが期待されていますので、良くかんでしっかりつばを出すことを心掛けましょう。

 

 

 

口臭が気になる方へ

 口臭が気になる方は多いようです。口臭に注意しましょう

起床時や空腹時、緊張しているとき、においの強い食べ物を食べたときなどは誰でも多少の口臭がありますが、これは一時的なものです。一方、むし歯や歯周病を放置しておくことによる口臭は、原因となっているむし歯や歯周病を治療しない限り解消されません。

口臭を防ぐには、歯ブラシだけでなく、歯間清掃用具(糸ようじ・デンタルフロス・歯間ブラシ)を用いて歯と歯の間の歯磨きをしっかり行うことが大切です。

加えて舌の表面の舌苔(ぜったい)(舌に付いている白っぽいもの)をやさしく取り除くことや口の乾燥を防ぐため水を飲む、唾液をしっかり出すように良くかんで食べるなどが口臭対策として知られています。

 

定期健診の勧め

 痛くなってから歯科医院へ行くのではなく、日ごろから定期健診を受けていると、治療が必要な時も簡単な治療で済むことが多いようです。ある企業の健保組合では、歯科健診を導入して組合員の歯科医療費を削減した実績が報告されています。歯科医療費が削減されるだけでなく、歯が多く残っていると医科の医療費も少ないことがわかってきました。かかりつけ歯科医院で定期健診を受け、歯と口の健康を保つと、医療費の削減も期待できるのです。

 かかりつけ歯科医院がない場合には、保健所で、歯科相談を受けることができます。日程等は下記をご覧ください。

 

保健所で受けることのできる歯科相談

 歯周疾患を予防し、歯と口の健康維持・増進のためにお役立てください。

事前に健康増進課(直通電話22-3110)歯科担当まで、お申し込みください。

 

名称 開設日 対象者      内容 料金

成人歯科相談        

月から金曜日9:00〜17:00(予約制)

希望者   

口腔ケアや口腔機能の向上についての個別相談 無料

 

定期健診を受けましょう

 

口の機能を維持するために

 

 入れ歯がないと食べられません          口の機能が低下すると固いものが食べられません          口の機能が低下してくるとむせが多くなります            口の機能が低下してくると口が渇きます

  

食べる、飲み込む、話すなど、口は大切な機能を果たしています。

病後で麻痺がある場合は、口の機能の衰えは重大で、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)により生命にかかわる場合もあります。

入れ歯が合わず、うまくかめないなど何らかの原因によりかみづらい状態が続くと、軟らかく食べやすい物だけを食べるようになり、いつの間にか摂食・嚥 下(えんげ)機能(口の中の物を

飲み下すこと)が衰えてむせたり、つばが出づらくなってきたりします。

このような方には、口の機能を維持・向上させるために機能訓練が有効です。

加えて、歯磨きをしっかり行い誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)の予防に努めましょう。

口腔(こうくう)機能向上体操

つばの出を良くし、誤嚥(ごえん)を防ぎ、飲み込む力をつける体操です。毎日続けると良いですね。

 

1  まずは、深呼吸・・・鼻からゆっくり息を吸います。(お腹に息をためましょう)⇒口をすぼめて、ゆっくり少しずつ息を吐き出します

2  両頬を膨らましましょう⇒次は左の頬を膨らまします⇒次は右の頬を膨らまします

3  舌を思い切り「べーっ」と出します

4  口を閉じて舌で左の頬の内側を押します⇒次は右の頬の内側を押します

5  「パ」「タ」「カ」「ラ」という言葉をはっきり大きな声で繰り返します「パパパパ」「タタタタ」「カカカカ」「ララララ」と同じ音でも繰り返しましょう

6  耳下腺をマッサージします⇒次に顎下腺をマッサージします⇒次に舌下腺をマッサージします

7  両肩を大きくゆっくり、ぐるりぐるりと回します

8  前を向いたまま左にゆっくり首を倒します⇒次は右にゆっくり首を倒します

9  体は前を向いたまま首から上だけ左にゆっくり顔を向けます⇒次に右にゆっくり顔を向けます

 

 

深呼吸鼻から吸って口から吐きます 頬を膨らまします頬膨らまし(左の頬)頬膨らまし(右の頬)舌を思い切り出します口を閉じて舌で左の頬の内側を押します

       1            2            ⇒            ⇒              3             4           

 舌で右頬を押しますパタカラ発声練習耳下腺のマッサージ顎下腺のマッサージ 舌下腺のマッサージ  肩まわし

      ⇒            5             6            ⇒             ⇒             7

 首を横に倒します首を右に倒します左側を向きます右を向きます

      8            ⇒             9           おわり     

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

 飲み込んだものが誤って気道に入り肺炎になるのが、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)です。

多くは脳血管障害の後遺症などで麻痺がある場合に起きます。誤嚥性肺炎が起こるメカニズムについて加齢による口の機能の低下も誘因となります。

食事のときに食べ物を誤嚥(ごえん)する場合もありますが、食後に胃から逆流し肺に入ったり、

睡眠中に唾液とともに口腔(こうくう)内細菌を誤嚥(ごえん)したりすることが知られています。

予防するためには食べ物の形態や一口量に気を付けるだけでなく、食事中や食後の姿勢、

飲み込み方の訓練、歯磨きなどに気を付けることが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かむことと健康について健康教育を行っています

 地域の町内会、クラブ、サークルなどからの依頼により、歯科医師や歯科衛生士が出向き 、保健所の歯科専門職がみなさんの地域に出向きます

むし歯、歯周病、入れ歯、口腔(こうくう)機能など、歯と口の健康づくりについて講話をします。

お気軽に、健康増進課(直通電話22-3110)まで、お申し込みください。

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.