小樽市合同墓について

 

市民からの要望を受け、市民が利用する合葬式の合同墓を中央墓地(緑5丁目)内に設置しました。

 

合同墓の位置図

 

合同墓外観

合同墓使用の要件

 

・下記のいずれかの要件を満たしていることが必要です。

 

1.現在、焼骨をお持ちの使用者(申請者)が市内に居住していること。

2.埋葬者(故人)が市内に居住していた期間があること。

3.市の墓地の使用者で、当該墓地に納められている焼骨を合同墓に改葬し、その墓地を返還すること。

 

 

申請書類等

必要書類及び説明

申請について

 

合同墓使用許可申請書

(埋蔵する焼骨1体につき1枚

 

使用料

(埋蔵する焼骨1体につき5,000円

 

・死体火葬許可証⇒火葬場で火葬した際に発行され、骨箱と一緒になっています。紛失した場合は利用した火葬場もしくは施設管理所在地の市町村役場にて再発行を受けてください。

※小樽市は小樽市役所戸籍住民課13番窓口にて受付

 

・収蔵証明書⇒市内の寺院に預けている焼骨を合同墓へ改葬する場合は焼骨を預けている寺院にて発行を受けてください。

 

・改葬許可証⇒市外の寺院又はお墓にある焼骨を合同墓へ改葬する場合、埋蔵されている施設にて収蔵証明書や埋蔵証明書などの発行を受け、その施設管理所在地の市町村役場にて改葬許可証に書き換えを行ってください。

※上記のいずれか一点

 

 

 

申請から埋蔵までの手順

 

1.申請

戸籍住民課(別館1階11番窓口)に下記(1)(2)(3)の申請書類を提出してください。

 

(1)合同墓使用許可申請書(窓口に用意してあります。)

(2)死体火葬許可証、収蔵証明書、改葬許可証のいずれか一点

(3)前記(合同墓使用の要件)の条件を満たすことが確認できる書類

(必要な書類については、事前にお問い合わせください。)

※なお、納骨日時を決定する都合上、申請は3月〜11月の期間に受付いたします。

 

2.埋蔵日時の決定

(1)埋蔵する日時を係員と打ち合わせを行います。

(2)使用料を納付し、使用許可証を受領してください。

 

3.埋蔵当日

(1)打ち合わせた日時に、使用許可証と焼骨を合同墓へ持参し、現地で係員の確認を受けてください。

(2)親族、関係者の手で焼骨を合同墓に埋蔵していただきます。

 

 

お参りについて

○屋外にありますので、いつでもお参りができます。
○お参りは石碑前の祭壇をご利用ください。
○供物や供花などは必ず、お持ち帰りください。
○火気の取り扱いには十分、注意してください。
○埋蔵者のお名前は埋蔵者名簿に記録します。

 

注意事項

○合葬するため、埋蔵後の焼骨の返還はできません。
○焼骨以外の副葬品などは埋蔵できません。
○生前の予約、申込は受け付けておりません。
○墓碑に、個々のお名前などを刻印することはありません。
○御利用にあたっては係員の指示に従ってください。
○埋蔵後、空いた骨箱や骨壷の処理は葬斎場で承ります。(別途有料・友引は除く)
○納骨は4月から11月の毎週金曜日を予定しています。(冬期積雪期間を除く)
○市が焼骨をお預かりすることや、埋蔵することはありません。

 

 

よくある質問について

 

申請先・お問合せは

 〒047-8660

 小樽市花園2丁目12番1号

 生活環境部戸籍住民課

 電話0134-32-4111(内線281墓地担当)

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.