赤ちゃんが生まれたら?

おもちゃを握る赤ちゃんのイメージイラスト

おめでとうございます!
お子さまの健やかな成長のために、わたしたちが応援します。 

主な届出

※各種手当・制度についての情報は、小樽市くらしのガイドにも掲載されています。

※詳しい内容、そのほか届出については、各相談窓口にお問い合わせください。

届出 内容 問い合わせ・窓口

出生届

生まれた日から14日以内

市役所 戸籍住民課 

電話32−4111 内線285

「出生連絡票」又は

「こんにちは赤ちゃん訪問連絡票」

生まれた日からなるべく早めに
連絡票の内容に基づいて、保健所の保健師、助産師が家庭訪問を行います。

保健所 保健総務課
電話22-3115

乳幼児医療費助成の申請

健康保険に加入している小学校就学前の乳幼児(生活保護を受けていないこと)が、医療機関等で診療を受けたときの医療費の一部を助成します。
※所得制限の条件があります。

市役所 高齢・福祉医療課 福祉医療係
電話32−4111 内線311

国民健康保険の加入
(※その他の保険は、加入する保険事務所にお問い合わせください)

生まれた日から14日以内(生まれた日を含む)
職場の健康保険、各種共済組合などに加入している方とその家族や生活保護を受けている方以外のすべての方は国民健康保険への加入手続きが必要です。

加入者が出産されたときは、出産育児一時金 (定額42万円)が申請により支給されます。なお、産科医療補償制度に加入している医療機関では、市から医療機関に直接支払う「直接支払制度」が平成21年10月1日から開始されています。

市役所 国保年金課 

保険係
電話32-4111 内線289

 

 

家庭訪問

お子さんがお生まれになった全てのお宅に保健師や助産師が家庭訪問します。
「こんにちは赤ちゃん訪問連絡票」に記入していただき、返送してください。

(出産後 、できるだけ早く返送していただけますようお願いいたします。)

 

健康相談をおうけします

一人で悩まずに、お気軽に相談してください。

 

健康診査をうけましょう

お子さまの健やかな成長のために、ぜひお受けください。

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.