視覚障がい者や盲導犬への理解のために

 小樽市には、視覚に障がいがあり、身体障害者手帳の交付を受けている方が、381人(平成29年3月31日現在)います。
その多くの方は、疾病の後遺症などにより人生半ばで視力を失った方で、急激な生活環境の変化により、日常生活を送るうえで身体面のみならず、精神面に大きな影響を受けています。視覚障がい者の社会参加を進めるためには、点字ブロックの設置などのバリアフリー化を進めていくことが必要ですが、整備には多額の費用がかかりますのですぐにはできません。目の見える方々が、視覚障がい者のことや盲導犬のことをよく理解することが重要です。
公衆営業施設関係者をはじめ、小樽市民の皆さんには、このホームページをご覧いただき、視覚障がい者への理解を深めていただければ幸いです。

1視覚障がい者とは

 視覚障がい者の方々の大半は、人生の半ばにして糖尿病の悪化などによる疾病や事故により視力を失った、いわゆる中途失明者です。
視覚障害は感覚障害の一つですが、消失した視力を回復することは非常に困難なことであり、他の障害に比べ、医学的な援助は限られています。

2視覚障がい者の歩行方法について

 視覚障がい者が社会参加するためには、外出することができなくてはなりません。そのための歩行方法には大きく分けて3つの方法があります。

○目の見える人の手引きによる歩行

 目の見える人が視覚障がい者を安全に誘導する方法で、誘導者が周囲の状況についての情報を提供します。

○盲導犬による歩行

 盲導犬が視覚障がい者を誘導する方法で単独の歩行が可能となります。

○白杖による歩行

 白い杖を使い歩行先の情報を入手し、歩行する方法で単独歩行が可能であり、周囲に視覚障がい者がいることを伝えることができます。

 盲導犬や白杖による屋外での単独歩行は、歩行訓練士などによる専門的な訓練を一定期間受けて可能となるものです。歩行方法は、個人の住宅事情や、動物に対する抵抗、歩行環境により異なります。

3歩行の際の誘導について

○誘導のための基本事項

 誘導する方は、視覚障がい者が白杖または盲導犬のハーネス(白色または黄色の胴帯)をもっている手の反対側の斜め半歩前に立ち、後から自分の腕をつかんでもらい誘導してください。その際、視覚障がい者が安全に歩ける速度で誘導し、適時、周囲の状況を説明してください。

○誘導する際のポイント

 誘導する際は、決して視覚障がい者の衣服や、腕、白杖、盲導犬のハーネスをつかまないでください。

 

4盲導犬とは

 厳しい訓練を受けて盲導犬になります。盲導犬は、視覚障がい者の「目」となる大変重要な仕事を行います。
例えば、歩道進行上の障害物を避けて通るように誘導したり、交差点や信号、ドアを見つけたり、さらには、たとえ主人の命令であっても危険が伴う時は、命令に従わないというように、その仕事は多岐にわたります。
盲導犬が誕生するまでには、盲導犬としての高い適性のある犬を選択し、厳しい訓練や適性評価を得た犬がはじめて盲導犬として社会で活躍します。

 

 

5盲導犬を同伴した視覚障がい者との接し方

 盲導犬は視覚障がい者の目となります。盲導犬が、ハーネス(白色または黄色の胴帯)を付けて視覚障がい者と一緒にいるときは、仕事中です。
常に主人を誘導しているという心理状態にあるので、次の点に気を付けてください。

  1. 盲導犬に声をかけたり、口笛を吹いたり、手をだしたりしないでください。

  2. ハーネスは視覚障がい者と盲導犬を結ぶ大切なコミュニケーションの道具です。手助けをしていただくときもハーネスにはさわらないでください。

  3. 盲導犬は、視覚に障がいのある方を目的地まで連れて行くのではなく、目的地まで行くのに必要な交差点の位置や建物の入り口などの情報を知らせることが仕事です。ですから、盲導犬と一緒にいても、視覚障がい者が道に迷うことがあります。そのような場面を見かけたときは、視覚障がい者に直接「どうしましたか」と声をかけてみてください。

  4. 盲導犬は健康維持のため、食事の時間や量を決めていますので、勝手に食べ物を与えないでください。

  5. 盲導犬の排せつは、時間が決められています。また、建物内ですることのないように、幼犬時からしつけられていますので、心配しないでください。

 

6公衆営業施設関係者の皆様へ

 身体障がい者の自立と社会参加の促進に寄与するため、平成14年10月から「身体障害者補助犬法」が施行され、平成15年10月からは、旅館、飲食店等の不特定多数が利用する施設では、盲導犬(身体障害者補助犬)の同伴を拒んではならないこととされています。
盲導犬についての理解不足から、盲導犬同伴の視覚障がい者が、旅館、飲食店等の利用を断られた事例もありました。
盲導犬は一般のペットと異なり、専門の訓練士による厳しい訓練を受けていますので、皆さんや、他のお客様に決してご迷惑をかけないことをご理解いただければ幸いです。

北海道盲導犬協会ホームページ「盲導犬について>身体障害者補助犬法」へ(外部サイト)
 

7盲導犬に関するQ&A

【Q&A】

質問 答え
  • 盲導犬は吠えたりしないの?
厳しい訓練を受けているため、ほえたり、かみついたりすることはありません。
  • 家のなかにあがるの?
盲導犬使用者の「目」の代わりですから、24時間一緒に過ごします。
  • 盲導犬はベッドで寝るんですか?
盲導犬はベッドの下で寝ます。盲導犬使用者のベッドの下でタオルなどを敷いて寝ます。
ただ、畳の部屋の場合、寝るときだけ部屋の外の玄関口で寝ることもあります。
  • 食事のときはどこにいるの?
盲導犬使用者のそばにいますが、決して人の食事には口をつけません。もちろん食物を与えないでください。
  • うんちやおしっこは、どこでするの?
宿について、部屋に案内するときに適切な盲導犬の排せつ場所を盲導犬使用者に指定してください。どのような場所が良いか分からないときは、盲導犬使用者と相談してください。後の始末は盲導犬使用者が行います。
  • 施設を汚すことはないの?
盲導犬の排せつは、きちんとしつけられています。また、毛も落ちないように室内では盲導犬用の室内着を着用させていますので、施設を汚すことはありません。

 

 

盲導犬の貸与について

貸与についての問い合わせ先

○小樽市福祉部障害福祉課
電話0134-32-4111内線302ファクス0134-22-6915

○公益財団法人北海道盲導犬協会
電話011-582-8222ファクス011-582-7715

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.