小樽市男女共同参画セミナー

平成29年度(終了いたしました)

「面白がると見えてくる!仕事と家庭の幸せのカタチ」

社会のあらゆる分野において、男女が対等なパートナーとして参画できる男女共同参画社会の実現をめざして、現状と課題について学び、課題解決のためのグループ討議を通して、自らの活動を見つめなおす機会とします。

今回は、仕事と家庭の両立(ワークライフバランス)等をテーマとしました。

一緒に仕事と家庭の幸せのカタチを考えましょう!

 

講師・演題・日程

◆平成29年9月9日(土)13:30〜16:00「面白がると見えてくる!仕事と家庭の幸せのカタチ」

 講師:渡辺陽子氏(フリーアナウンサー)

 

開催ポスター(こちら)をご覧ください。

 

会場

小樽市勤労女性センター4階軽運動室

(小樽市花園2丁目10番18号)

 

受講対象者・定員・受講料

市内在住、又は勤務している18歳以上の方

35名(先着)

受講料無料

 

お申し込み

電話、ファクス、メールでお申し込みください。

・記入事項:住所、氏名、電話番号、年代、職業の有無

・申込先:小樽市生活環境部男女共同参画課

 047-0024小樽市花園2丁目10番18号小樽市勤労女性センター内

 電話0134-22-5904

 ファクス0134-22-6081

 メールkyodo-sankaku@city.otaru.lg.jp

※託児を希望する場合は、参加申し込みの際に御相談ください。

※受付期間:8月24日(木)まで

 

平成28年度

「あなたもできる!会話力を磨いて、コミュニケーション力アップ!」

「自分の言葉がうまく伝わらない」「対人関係(家族、夫婦、職場、地域活動)でストレスを感じてしまう」など、不安や悩みを感じていませんか?

「コミュニケーション」の「ヒント」や「コツ」を学び、信頼関係を築きましょう。

 

講師・演題

竹本アイラ氏

講師:竹本アイラ氏(有限会社PLAN‐A代表取締役)

◆【第1回】平成28年9月1日(木)18:30〜20:30「第一印象が劇的に変わる話し方」(28名参加)

◆【第2回】平成28年9月2日(金)18:30〜20:30「途切れない会話の極意」(24名参加)

第1回、第2回は、伝わる話し方の専門スクールを創設するほか、テレビやラジオで活躍している竹本アイラ先生を招き、コミュニケーション力のアップを目指し、ワークショップを通して、傾聴などを体験しながら、会話力を磨きました。

「コミュニケーションは、相手とより良い関係を築くために必要な手段で、自分から話しかけることよりも、相手を思いやる姿勢で、積極的に相手の話に心を傾けること」がポイントであることを学びました。

 

セミナー1セミナー2

 

石蔵文信氏

講師:石蔵文信氏(大阪樟蔭女子大学教授)

◆【第3回】平成28年9月10日(土)10:00〜12:00「夫源病・妻源病〜楽にやっていける夫婦関係とは」(22名参加)

夫が原因(源)の病気のことを「夫源病(ふげんびょう)」と名付け、医師としても活躍中の石蔵文信先生に楽にやっていける夫婦関係についてお話していただきました。

「夫の定年とともに夫源病で苦しむ妻や定年後うつで苦しむ夫の病気の原因は、夫婦がお互いに依存しすぎてきたことにあります。お互いを理解し、信頼関係を取り戻すためには、本音でぶつかり合うことや口げんかもコミュニケーションの一つとして大切。楽にやっていける夫婦関係を築くには、お互いに依存せずに自立して、心地よい距離を保ちながら上手に助け合っていくことが大切」と話されました。

 

セミナー3セミナー4

 

 

平成27年度

「その時どうする?災害時に自分たちができることを考えよう!〜自分を守り地域を守る防災の実践〜」

避難所で起きる問題を事例で学び、女性視点で考える避難所運営と、平時からできる防災対策についてグループ討議をしながら考えました。

 

講師・演題

安田睦子氏(有限会社インタラクション研究所代表)

 

★〈第1回〉平成27年9月4日(金) 「小樽の災害を想定し、図上訓練をしよう!」(31名参加)

「もし、震度6強の地震が起きたらどのような行動をとるか」地図上で避難所、危険箇所などの確認、避難経路の想定などを行い、災害発生時には家族の安否確認と火元のチェックを行なうこと、避難所に行くときは1週間分の薬とお薬手帳も持っていくことなどを学びました。

★〈第2回〉平成27年9月11日(金)「女性視点で考える、みんなに優しい避難所運営」(22名参加)

「避難所で『赤ん坊の夜泣きがうるさくて眠れない』と男性からどなられた女性が、夜寒い廊下で子どもをずっとあやしている」など避難所で起きる問題を事例で学びました。

★〈第3回〉平成27年9月18日(金) 「自分たちができる防災を考えてまとめよう!」(20名参加)

自分たちが平時からできる防災対策について、男女を問わず様々な視点から考えました。避難場所は複数知っておく、家族との連絡方法や合流場所を決めておく、町内会で炊き出しや初期消火の訓練をしておくなど、たくさんの意見が出ました。

★〈第4回〉平成27年10月2日(金)「自分たちができる防災を地域に広めよう!」(22名参加)

地域の人が参加しやすい防災活動と参加への呼びかけ方法を考え発表しました。町内会での初期訓練や防災マップづくり、風水害を想定した排水路の点検・側溝掃除や土のう準備、非常食を学ぶなど、地域ですぐにできることを確認し、そうした活動が地域の絆を深めていくことを学びました。

 

安田睦子講師 ワークショップ風景

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.