旧国鉄手宮線


旧国鉄手宮線トップ|歴史オープンスペース 活用計画ギャラリーまちづくり推進課

 

 

 旧国鉄手宮線は幌内鉄道の一部として、明治13年に小樽・手宮〜札幌を結ぶ北海道で最初の鉄道として開通し、北海道開拓に重要な役割を担っていましたが、昭和60年に廃線となりました。

 市内中心部には、旧国鉄手宮線で使用されていた鉄道施設を残し、歴史性の保全を重視しながら素朴な風景を演出したオープンスペースを整備し、オープンスペース以外の区間には、当時の線路がそのまま残されています。

 旧国鉄手宮線ではイベントの会場としても利用されており、夏には「小樽・鉄路・写真展」や「小樽がらす市」、冬には小樽市を代表するイベント「小樽雪あかりの路」のメイン会場の一つとなっています

 

位置

旧国鉄手宮線平面図

活用事例


「小樽雪あかりの路」オープンスペース

「小樽がらす市」オープンスペース

「小樽・鉄路・写真展」未整備区間
 

※参考リンク

利用申請・維持管理について

 旧国鉄手宮線の利用申請や維持管理については、建設部公園緑地課 (小樽市役所別館5階)までご連絡ください。

 

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009-2015 Otaru CIty. All Rights Reserved.