定住自立圏構想

定住自立圏構想とは

 人口減少、少子高齢化が進展する中、地方の生活基盤が衰退し、このままでは単独の市町村だけでフルセットの行政サービスを提供することが困難になってくることが懸念されます。
このため、医療・福祉・教育など住民の生活環境が密接に関係している地域を一つの圏域ととらえ、その圏域の核となる中心市は、圏域全体の暮らしに必要な都市機能を集約的に整備し、近隣の市町村は農林水産業などの資源や豊かな自然環境を提供するなど、お互いの役割分担と連携・交流の下、「集約とネットワーク」の考え方により、地域の活性化を図ることが求められます。

 定住自立圏構想とは、都市機能を有する市と近接する近隣市町村とが相互に連携し、役割を分担しながら暮らしに必要な機能を確保していくための広域行政の取組です。

定住自立圏共生ビジョン

 定住自立圏共生ビジョンとは、自立のための経済基盤を培い、地域の活性化を図るという観点から、圏域の将来像を提示するものであり、将来像の実現に向けた具体的な取組が記載されています。

 当市は中心市として、地域の関係者で構成される懇談会の提言や、北後志の5町村との協議を経て、平成22年度に「北しりべし定住自立圏共生ビジョン」(取組期間:平成22年度~平成26年度)を策定しました。

 また、平成27年度には、平成31年度までの5年間を新たな取組期間とする「第2次北しりべし定住自立圏共生ビジョン」を策定しました。

連携する市町村

 当市では、定住自立圏の形成に向けて、通勤・通学の状況など、住民の生活実態を考慮し、小樽市、積丹町、古平町、仁木町、余市町、赤井川村の6市町村で連携して取り組んでいます。

積丹町(外部サイト)古平町(外部サイト)仁木町(外部サイト)余市町(外部サイト)赤井川村(外部サイト)

 

 ※当該6市町村は北しりべし廃棄物処理広域連合を構成し、平成14年度からごみの共同処理に取り組んでいます。

北しりべし定住自立圏域の形成

(1)中心市宣言

 中心市の要件を満たしている市が周辺の市町村と地域全体における人口定住と経済の自立ために、圏域として必要な生活機能の確保に関して中心的な役割を担う意思を有することを明らかにするもので、当市は、平成21年9月15日に中心市宣言を行いました。

 

 ・北しりべし定住自立圏中心市宣言書(PDF497KB)

 

(2)定住自立圏形成協定

 中心市宣言を行った市と近隣市町村とがそれぞれ1対1で締結する協定です。
協定書の内容は、「集約とネットワーク」の考え方を基本に、ア生活機能の強化、イ結びつきやネットワークの強化、ウ圏域マネジメント能力の強化、の三つの視点から、住みやすく魅力がある圏域を創造するための取り組みを記載することとしています。

 小樽市と積丹町、古平町、仁木町、余市町および赤井川村は、平成22年3月の各市町村議会に定住自立圏形成協定の締結に関する議案を上程し、すべての議会で原案どおり議決されました。

 これを受けて、同年4月1日に小樽市役所において「北しりべし定住自立圏形成協定合同調印式」を開催し、6市町村がそろって協定を締結しました。

 

 小樽市が各町村と締結した「定住自立圏の形成に関する協定書」は、次のとおりです。

(3)定住自立圏形成協定の一部変更協定

 平成27年度からの第2次共生ビジョンの策定に先立ち、具体的な取組内容の見直しや新たな取組を追加するため、平成27年3月25日に小樽市役所において「北しりべし定住自立圏形成協定一部変更協定合同調印式」を開催し、協定の一部変更協定を締結しました。

 270325合同調印式

 

 小樽市が各町村と締結した「定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定書」は、次のとおりです。

定住自立圏に関連した当市の取組

平成27年度の取組

◎北しりべし定住自立圏情報発信事業『きて・みて・たべて・しる「きた☆しり」inチ・カ・ホ』の実施

 

 平成28年3月29日(火)・3月30日(水)

 

札幌駅前地下歩行空間「チ・カ・ホ」北3条交差点広場(西)において、北しりべし定住自立圏の見どころなどのPRや、圏域の物産販売などを実施することにより、圏域内の交流人口の増加を図るため、以下のとおりイベントを実施しました。

 

(1)ポスターの掲示及びパンフレットの配置
観光ポスター等の掲示、各自治体の観光施設等のパンフレットの配布
(2)ご当地ゆるキャラ「タルピー」「ソーラン武士!!」「あかりん」「ニキボー」の出動
ご当地ゆるキャラとの写真撮影会を実施

(3)PR映像の放映

デジタルサイネージにおいて6市町村の共通映像や各市町村のPR映像を放映
(4)地場産品等の販売
圏域1市5町村における地場産品のPRと販売
(5)その他
圏域内の観光スポットを巡るスタンプラリーを実施することとし、スタンプラリー用台紙を配布

会場の様子ゆるきゃら

会場の様子2デジタルサイネージ

 

 

関連リンク

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.