新型コロナウイルスの影響による「障害年金診断書」「生計維持確認届」「現況届」の提出期限について(令和3年9月更新)

公開日 2020年10月31日

更新日 2021年09月16日

新型コロナウイルス感染症の影響による「障害年金診断書」の提出期限について
(令和3年9月10日時点)

 障害年金等を受給されている方には、誕生月の末日を提出期限として「障害年金診断書(障害状態確認届)」の提出をお願いしています。提出が遅れたり、提出がない場合は、年金の支払いが一時止まることになります。
 しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により医療機関を受診できないなどの理由で「障害年金診断書(障害状態確認届)」を期限内に提出できない場合も想定されるため、提出期限について以下のとおり特例措置が講じられました。

1.「障害年金診断書」の提出期限が、令和3年2月末日の方

 令和3年11月末日までに「障害年金診断書」をご提出ください。(期限までにご提出いただいた場合、年金の支払いは止まりません。)
 

2.「障害年金診断書」の提出期限が、令和3年3月末日から令和3年11月末日までの方

 令和3年12月末日までに「障害年金診断書」をご提出ください。(期限までにご提出いただいた場合、年金の支払いは止まりません。)


 詳しくは、日本年金機構ホームページ「【障害年金等を受けている皆様へ】新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言等を踏まえた障害年金診断書の取扱いについて」(外部サイト)をご覧いただくか、小樽年金事務所お客様相談室(電話0134-65-5002)へお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症の影響による「生計維持確認届」「現況届」の提出期限について

 年金受給者の「生計維持確認届」や「現況届」は、通常、誕生月の末日を提出期限として提出をお願いしていますが、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえて、令和2年2月末日から令和2年6月末日までに提出期限を迎える方については、令和2年7月31日までに提出していただければ良いこととなりました。


 「生計維持確認届」及び「現況届」の提出期限が令和2年2月末日から令和2年6月末日までで、まだ届書を提出されていない方は、令和2年7月31日までに提出してください。期限を過ぎても提出がない場合は、年金の支払いが一時止まることになりますのでご注意ください。


 なお、海外に居住している年金受給者の「生計維持確認届」及び「現況届」の提出期限は、別に定められています。詳しくは、日本年金機構ホームページ「【海外で年金を受けている皆様へ】新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生計維持確認届・現況届の提出期限に係る取扱いについて」(外部サイト)をご覧いただくか、小樽年金事務所お客様相談室(電話0134-65-5002)へお問い合わせください。

 

お問い合わせ

福祉保険部 保険年金課
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線395(庶務係)  内線289、290、291(保険係)  内線292、293(年金係)  内線312、423、424(後期高齢者医療係)
FAX:0134-24-6168(庶務係・保険係・年金係)、25-0120(後期高齢者医療係)
このページの
先頭へ戻る