在宅医療・介護連携推進事業(平成28年度の取組)

公開日 2020年11月04日

更新日 2021年03月31日

平成28年度の取組
事業項目 おたる地域包括ビジョン協議会の取組
(ア)地域の医療・介護サービス資源の把握

1.医療機関・介護事業所等450か所調査実施とガイドブックデータの集計

2.ガイドブックの発行準備(29年度配布)

(イ)在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応の協議 1.在宅医療実施機関の現状と意向調査実施
(ウ)切れ目のない在宅医療・介護サービスの提供体制の構築 1.病院実務者会議を開催し、連携の体制づくりについて検討
(エ)在宅医療・介護サービスの情報の共有支援

1.連携手帳(長生きパスポート)の作成

2.長生きパスポートのパイロットスタディー実施開始(地域包括支援センター)

3.NTT・エーザイICT活用試験開始

(オ)在宅医療・介護連携に関する相談支援 1.介護事業所の資源把握調査実施
(カ)在宅医療・介護関係者の研修 (1)研修会開催

1).4月16日(土)13:30ー15:00小樽市医師会館130名

くまもと健康支援研究所代表取締役松尾洋氏

「地域まるごと元気にするための新しい総合事業

ーリハビリテーションを軸にした取り組みー」

2).7月2日(土)14:00-15:30小樽市医師会館110名

前厚生労働省老健局長三浦公嗣氏「地域包括ケアシステムの取り組みについて」

(2)研修会への参加

1).「地域包括ケアシステムの構築の推進に向けた取り組み」第4回シンポジウム

11月19日(土)14:00北海道看護協会大講堂

共催:北海道医師会、北海道歯科医師会、北海道薬剤師会、北海道看護協会

医療・介護・福祉関係者300名

テーマ「おたる地域包括ビジョンの取り組み」

演者菅田忠夫・二丹田早稲子・沖津正尚・古川典之・川尻輝記

2).平成28年度在宅医療関連講師人材養成事業研修会1月29日(日)9:00ー

日本医師会大講堂菅田忠夫先生出席

3).ぐるんとびー医療介護研修会3月22日(水)東京

岩永輝明委員出席

(3)後志地域リハビリテーション広域支援「後志つながるネット」

 多職種連携事例検討会

1).7月23日「退院時支援における課題」会場:済生会小樽病院講堂

2).10月23日「語ろう人生最期について」会場:小樽ゴールドストーン

3).29年2月4日「精神疾患を抱える方が高齢の家族を介護する例」

 会場:小樽市立病院講堂

(キ)地域住民への普及啓発

1).小樽市いきいき健康まつり

9月11日ウイングベイ小樽

肺年齢検査実施参加市民120名

2).地域住民への講演会

10月1日(土)東小樽会館

「住み慣れた地域で自分らしく暮らす」

おたる地域包括ビジョン協議会活動内容

菅田忠夫先生

東南部地域の社会資源や活動内容とその活用法

川尻輝記委員

3).地域住民向け公開講座

3月24日(金)18:00マリンホール120名

「地域医療魚沼学校の試み」

魚沼市立小出病院院長布施克也先生

4).おたる地域包括ビジョン協議会ロゴマーク・手帳名称公募12月

表彰式3月24日(金)17:50マリンホール

(ク)在宅医療・介護連携に関する関係市町村の連携 11月15日(火)後志管内保健所との情報交換会

お問い合わせ

福祉保険部 福祉総合相談室 地域包括ケアグループ
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-32-4111内線313
FAX:0134-22-6915
このページの
先頭へ戻る