学校施設耐震診断結果

公開日 2020年11月09日

更新日 2021年04月02日

耐震診断結果一覧表

各実施年度の耐震診断結果一覧表(PDF)をご覧になることができます。

 

 平成20年度<実施校:長橋小学校、桜小学校、朝里小学校、朝里中学校、銭函中学校>[PDF:68.5KB]

 令和2年度<実施校:忍路中央小学校>[PDF:67KB]

 

※Is値とは、耐震改修促進法に基づき定められた構造耐震指標のことをいいます。これは、建築物の耐震性能(地震に対する安全性)を数値化したもので、建物の強度とねばり強さを示しています。Is値が大きいほど耐震性が高くなります。
文部科学省では鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断(2次診断)の結果、Is値0.3未満の場合、震度6強以上の地震に対して、倒壊または崩壊する危険性が高いとしています。

 国土交通省では、Is値が0.6を超える建物は、震度6強以上の地震に対して倒壊または崩壊する危険性が低いとしていますが、文部科学省では学校施設については、児童生徒の安全性を考慮して、Is値が0.7未満の建物を耐震化の対象としています。

お問い合わせ

教育委員会教育部 施設管理課
住所:〒047-0034 小樽市緑3丁目4番1号
TEL:0134-32-4111内線 管理係7524・施設係7525
FAX:0134-33-6608
このページの
先頭へ戻る