宿泊業事業継続緊急支援金について(受付終了しました)

公開日 2021年03月04日

更新日 2021年04月22日

令和3年4月21日で受付を終了しました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響の長期化により、特に大きく影響を受けている市内の宿泊施設事業者を対象に、緊急支援金を支給し、事業の継続を支援します。

対象者

次の要件のいずれにも該当し、今後も営業する意思のある宿泊事業者

  1. 複数の事業を行っている場合は、宿泊事業を主たる事業としている事業者
  2. 下記に該当する宿泊施設を営業している事業者
  3. 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年11月から令和3年3月までのいずれかの月の売上げが、前年同月比30%以上減少している事業者(ただし、売り上げを比較する月が令和3年1月から3月までのいずれかの場合は、前々年との比較でも可)

※開業してから2か月以上1年未満の新規創業者は、開業後のいずれかの2か月の売上げを用いて算定します。

複数の事業を行っている場合

宿泊業を主たる事業としている場合に申請できます。小樽市事業継続支援金(担当:産業振興課)や小樽市公共交通事業者等追加支援金(担当:新幹線・まちづくり推進室)に申請している場合は、当支援金は対象外となります。

(売上げの比較)新規創業者について

開業してから2か月以上1年未満の新規創業者のため、前年同月との売上げ比較ができない場合は、以下の算出方法にて比較を行います。

  1. 令和2年11月から令和3年3月までのいずれか1か月の売上げと、営業開始から直近までのうち、いずれか2か月を選択しその平均との比較を行います。
  2. 開業2か月の新規創業者については、直近1か月と、直近1か月を含む最近2か月の平均との比較を行います。

※月の途中からの開業の場合、営業期間の売上高を月換算の上、比較を行います。

一時的に休業している場合

新型コロナウイルス感染症の影響により施設を休業していても、今後営業を再開する意思があれば支給の対象となります。

廃業している場合

対象外となります。

旅館業法の廃業の届出がされていない場合は、小樽市保健所生活衛生課まで届出をお願いします。民泊施設の場合は、北海道へ届出を行ってください。

支援金額

申請期間

令和3年3月5日(金)〜4月21日(水)※必着

※感染拡大防止の観点から、混雑による人の密集を避けるため、郵送での提出に御協力ください。

申請書は、こちらのページからダウンロードできます。

提出先

〒047-0007小樽市港町4番3号、小樽市産業港湾部観光振興室

お問い合わせ

産業港湾部 観光振興室
住所:〒047-0007 小樽市港町4番3号
TEL:0134-32-4111内線7266、7267、7450、7451
FAX:0134-27-8600
このページの
先頭へ戻る