次回展示のお知らせ

公開日 2021年06月08日

更新日 2022年01月10日

企画展 後志インフラ文学展

令和3年5月16日~6月20日の緊急事態宣言のため、オンライン開催となった「後志インフラ文学展」が、会期を変更し展示室にて改めて開催!!
 

趣旨

北海道最古の鉄道、北海道の開拓の礎となった港、北海道の経済発展を支えた商業の都、これらは全て後志にありました。

険しい地形を、どのように切り拓き、どのように人と人を、町と町を、つなげていったか、人々の暮らしを支えたインフラ整備の歴史と、それによって生まれた文学をたどり、後志の文学をひもときながら後志の開拓を支えたインフラ整備の歴史を鉄道やトンネルの模型、それにまつわる文献とともにその歴史を辿れる展示です。

インフラ文学展リベンジver[PDF:2.6MB]

会期

令和4年2月5日(土)~令和4年2月27日(日)

 

休館日

月曜日、2月15日(火)、2月24日(木)

※掲載しているチラシ画像、PDFデータでは休館日が月曜のみになっています。正しくは上記です。申し訳ありません。

 

 

会場

市立小樽文学館展示室

入館料

入館料

入館者区分

普通入館料(文学館のみご覧になれます)

共通観覧料(文学館と美術館の両方をご覧になれます)

一般

300円(240円)

700円(560円)

高校生

市内にお住まいの70歳以上の方

150円(120円)

350円(280円)

中学生以下と障がい者(注)

無料

無料

※()は20名様以上の団体料金です。

※(注)障がい者:身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介護者の方

 

お問い合わせ

教育委員会教育部 市立小樽文学館
住所:〒047-0031 小樽市色内1丁目9番5号
TEL:0134-32-2388
FAX:0134-32-2388
このページの
先頭へ戻る