次回展示のお知らせ

公開日 2021年06月08日

更新日 2021年06月10日

次回展示 特別展 朝倉かすみ展

趣旨

 朝倉かすみは小樽市生まれの小説家。小樽市立東山中学校を卒業、高校・短大時代は、石狩市で過ごす。
30歳のとき小説を書き始め31歳から創作教室に通い、43歳で作家デビューした。
 本展は、小樽をはじめ北海道を舞台にした作品も多く、優れた物語構成・巧みな比喩表現に定評がある朝倉かすみの作品から小樽を舞台にした「タイム屋文庫」「てらさふ」「ぼくは朝日」を中心に、いま最も活力ある作家の魅力を作品世界とともにご覧いただける展示です。

朝倉かすみ展のチラシ画像
朝倉かすみ展のチラシ表面はこちらからご覧ください。[PDF:307KB]
朝倉かすみ展のチラシ裏面はこちらからご覧ください。[PDF:706KB]
 

会期

令和3年6月26日(土)~令和3年8月15日(日)

会場

市立小樽文学館展示室

入館料

入館料

入館者区分

普通入館料(文学館のみご覧になれます)

共通観覧料(文学館と美術館の両方をご覧になれます)

一般

300円(240円)

800円(640円)

高校生

市内にお住まいの70歳以上の方

150円(120円)

400円(320円)

中学生以下と障がい者(注)

無料

無料

※()は20名様以上の団体料金です。

※(注)障がい者:身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介護者の方

お問い合わせ

教育委員会教育部 市立小樽文学館
住所:〒047-0031 小樽市色内1丁目9番5号
TEL:0134-32-2388
FAX:0134-32-2388
このページの
先頭へ戻る