新型コロナウイルス感染症で陽性となった方へ/医療用抗原検査キットで陽性反応が出た方へ

公開日 2022年09月02日

更新日 2022年09月14日

令和4年9月7日付厚生労働省事務連絡により自宅療養者の療養期間が一部短縮されました。
関連ページ等、掲載内容の詳細につきましては、順次変更予定です。

 

#療養期間について
#医療用抗原検査キットで陽性反応が出たときは小樽市陽性者登録窓口から登録をお願いします。
#新型コロナウイルス感染症陽性者の療養解除基準について
#ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について
#自宅療養となった方へ
#自宅療養のしおり
#宿泊施設で療養される方へ
#施設・医療機関等の関係者が陽性になった場合の対応について

療養期間について

※令和4年9月7日付厚生労働省事務連絡により療養期間が一部短縮されました。

療養期間は下記のとおりです。症状や入院の有無により期間が異なりますのでご留意ください。

症状のある方(有症状患者)

  1. 自宅又は宿泊施設等で療養している方(下記「2.医療機関に入院又は高齢者施設に入所している方」以外の方)は、発症日を0日目として7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合には8日目から療養解除を可能とする。
    ただし、10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いする。
     
  2. 医療機関に入院又は高齢者施設に入所している方は、発症日を0日目として10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合には10日目から療養解除を可能とする。
    (人工呼吸器等による治療を行っている場合の退院基準は異なります。詳細はこちらをご確認ください)

症状のない方(無症状患者、無症状病原体保有者)

  • 検体採取日を0日目として無症状のまま7日間経過した場合には8日目から療養解除を可能とする。
     
  • 検体採取日を0日目として無症状のまま経過し、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、6日目から療養解除を可能とする。
    ただし、7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いする。
    ※保健所で検査キットの配布は行っておりません。ご自身で用意をお願いします。

療養期間の外出自粛について

有症状の場合で症状軽快から24時間経過後又は無症状の場合

下記の自主的な予防行動を前提に、食料品の買い出しなど必要最低限の外出は差し支えない。

  • 外出時や人と接する際は短時間とする。
  • 移動時は、公共交通機関を使用しない。
  • 外出時や人と接するときは必ずマスクを着用する。

医療用抗原検査キットで陽性反応が出たときは小樽市陽性者登録窓口から登録をお願いします。

小樽市では、新型コロナウイルス感染症の感染急拡大に伴い、これまで以上に多くの有症状者が外来を受診する可能性があることから、診療・検査医療機関への受診の集中を緩和し、迅速な陽性判定と療養に繋ぐことができるよう、重症化リスクの低い方を対象に、自宅などで医療用抗原検査キットを用いて自主的に検査し陽性となった方について、医療機関を受診することなく結果判定を受け取り、陽性判定の場合には陽性者として登録することができる「陽性者登録窓口」を設置しております。
 市販の検査キット、民間自費検査機関、北海道の無料検査事業などによる検査結果だけでは、陽性と確定診断されているわけではありません。小樽市健康観察フォローアップセンターによる健康観察などの対応や療養証明書の発行対象となるためには、医師の診断により陽性かどうかを確定診断する必要があります。

【リーフレット】陽性者登録窓口R40902[PDF:749KB]

新型コロナウイルス抗原検査キット無料配布については、下記のリンクをご確認ください。
新型コロナウイルス抗原検査キットの無料配布について

概要

医療機関を受診することなく、自主的な医療用抗原検査キットの結果判定を行い、陽性判定の方を迅速に療養に繋ぐためのシステムです。

自宅などで自主的な医療用抗原検査キットで陽性反応が出た無症状もしくは軽症者の方は、以下の内容を確認していただき、「登録申請フォーム」から登録申請をしてください。
 ※無症状の方については、同居の濃厚接触者のみを対象とします。

登録センターの流れ

1 対象者

 申請日の時点で、次の条件を全て満たす方(対象外の方は、かかりつけ医または発熱者相談センター/ 0120-510-010 にご相談ください。)

  • 無症状または症状が軽く安定している。受診や投薬は不要または市販薬の活用が可能と、ご自身で判断できる。
    ※無症状の方については、同居の濃厚接触者のみを対象とします。
  • 小樽市在住の方もしくは居住先が小樽市内にある方(旅行中の方を除く)。
  • 65歳未満である。
  • 医療用抗原検査キットによる検査の結果が陽性であり、発症日から6日以内である(発症日を0日目とする)。
  • スマートフォン・タブレット及びメールアドレスを持っている。
  • 下記の重症化リスク因子を持たない。

≪重症化リスク≫
・悪性腫瘍(がん、白血病など) ・慢性呼吸器不全 ・慢性腎臓病 ・心血管疾患 ・脳血管疾患 ・喫煙歴 ・高血圧 ・糖尿病 ・脂質異常症 ・肥満(BMI30以上) ・免疫抑制剤、抗がん剤などの使用による免疫機能の低下 ・妊娠中の方 ・ワクチン未接種の方(1回のみの接種も含む)

※ 体外診断用医薬品として国に承認されたものに限ります。「研究用」は対象外です。承認状況は、厚生労働省HPで御確認いただけます。
新型コロナウイルス感染症の体外診断用医薬品(検査キット)の承認情報(厚生労働省)外部サイト
【注意】重複して陽性者として登録されるのを避けるために
 本窓口は、医療用抗原検査キットを用いてご自宅などで検査を行った際に、医療機関を受診せず陽性判定を受け、陽性者として登録するためのシステムとなります。医療機関を受診し陽性が確定された方は、医療機関から発生届が提出されるため、本窓口を利用しての登録申請はできませんのでご注意願います。

2 登録申請について

 電子申請時に、基本情報(氏名、年齢、住所等)や基礎疾患などがないことに加えて、本人確認書類、検査キットの結果を1枚の写真に収めてアップロードしていただきます。そのため、次のファイルや情報をお手元にご用意いただきますと、申請をよりスムーズに行うことができます。

次の3点が写っている写真をご用意ください。
※撮影枠内に収まらない場合は、複数枚の写真となっても構いません。

(1)本人確認書類
下記のうちいずれか一つ(申請時に氏名・生年月日が確認できる写真データを添付していただきます)
・運転免許証、マイナンバーカード(表面のみ)
・健康保険証、年金手帳、年金証書
・パスポート、在留カード、特別永住者証明書、運転経歴証明書

【本人確認書類の撮影】
・本人確認書類が撮影枠からはみ出ていないか
・すべての項目が鮮明に写っているか
・氏名、生年月日が表示されているか
・マイナンバーカードの裏面には個人情報が記載されているため、絶対に送信しないでください

(2)陽性反応が出た、医療用抗原検査キット
・検査キットの判定結果が分かるように撮影
陽性判定の検査キットに油性ペンで検査者氏名(誰の検査結果であるか)と検査日を記入してください

(3)体外診断用医薬品であることが分かる検査キットの外箱または説明書の写真
・検査キットの品目名、製造販売業者名がわかるもの
検査キットの外箱または説明書に、油性ペンで検査者氏名(誰の検査をしたものか)と検査日を記入して撮影してください


【検査キットおよび外箱の撮影結果確認】
・検査キットが撮影枠からはみ出ていないか。
・検査キットの全体が鮮明に写っているか。

申請写真の見本
次のボタンから申請をお願いします。

申請フォーム

3 登録申請後の流れ

(1)登録申請の完了について
申請フォーム上の最後の入力ページで「送信」ボタンを押した後に、「申請の受付が完了しました」というメッセージが表示されましたら、申請の受付は完了しております。

(2)結果通知について
申請内容を確認の上、登録申請していただいていから48時間以内に、結果通知のメールをお送りします。
なお、申請時の入力内容に関するお問い合わせのメールが当窓口から届いている場合は、お手数ですがメールの指示に従って手続きを行って頂きますようお願いいたします。

登録センターの流れ2

4 無料検査事業所などで陽性判定を受けた方

 無料検査事業所や自費で検査センターなどで検査を受けて陽性判定となった方も、医師の診断を受けていない方は本登録窓口へ登録申請を行うことが可能です。

 「2.登録申請について」の中で(2)キット写真と(3)外箱・説明書写真を、検査結果通知書を検査結果通知書写真に置き換えてアップロードしてください。他の手続きは同じです。

5 その他

・小樽市陽性者登録窓口にて陽性が確定した後に、体調に不安を感じた場合は、小樽市健康観察フォローアップセンターにご相談ください。夜間や早朝に陽性者の体調が悪化した場合は、119番を要請し「新型コロナウイルス陽性」であることを伝えてください。
・当窓口では療養証明書の発行は行っておりません。療養証明書が必要な方は下記のリンクをご参照いただきますようお願いいたします。

陽性者登録窓口に関するよくあるご質問について

陽性者登録窓口に関するよくあるご質問については、下記のFAQをご覧ください。

陽性者登録窓口よくあるお問合せ40825[PDF:228KB]

陽性者登録窓口に関するその他のお問合せについて

・その他のお問合せにつきましては、以下のメールアドレスからお問合せ下さい。
・お問合わせの受付状況によっては、回答に時間がかかる場合がございます。

問合わせメールアドレス: covid-hantei@vcn-otarucity.com
※電話によるお問合わせはお受けしておりません。
※保健所への電話による問合せもお受けしておりません。

新型コロナウイルス感染症陽性者の療養解除基準について

北海道新型コロナウイルス療養解除日カレンダー
※有症状の方で、発症日から7日が経過した時点で症状軽快後24時間が経過しておらず、療養の継続が必要と思われる場合は、小樽市健康観察フォローアップセンター【電話:0570-050-134(平日、土日祝9時~17時)】へお問合せください。

ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について

・療養中の過ごし方について「自宅療養のしおり」を、療養前に必ずご一読ください。

小樽市新型コロナウイルス感染症に関する「よくある質問」

家庭内でご注意いただきたいこと(8つのポイント)

なお、同居の濃厚接触者の方の対応については、下記のリンクをご確認ください。

【ご注意ください】
・療養解除後に登校・勤務等を開始するに当たり、PCR検査の実施や学校・職場等に証明書を提出する必要はありません。
・保健所では陰性確認検査や陰性証明書の発行はいたしません。なお、濃厚接触者についても同様の取扱いとなります。
・現在、新型コロナウイルス感染症患者の急増に伴い、業務がひっ迫していることから、学校・職場等の調査を休止しております。

市民の皆様、関係機関の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願いたします。

感染者ご本人様から学校・職場等にご連絡いただくとともに、学校・職場等の中で症状がある方やご心配な方で検査を希望される方は、以下をご確認いただきますようお願いします。

- 相談先
症状がある方
  • かかりつけ医
  • 小樽市発熱者相談センター(電話:0120-510-010)※24時間受付
症状はないものの、ご心配な方

 PCR無料検査事業
北海道のホームページ新しいウィンドウで外部サイトを開きますから無料検査事業所一覧をご確認ください)

自宅療養となった方へ

小樽市保健所では、市内における新型コロナウイルス感染症患者の急増を受け、令和4年2月11日から当面の間、自宅療養者の健康観察を高齢者や基礎疾患を複数お持ちの方など、重症化リスクの高い方に重点化することにいたしました。
小樽市では、自宅療養者の健康観察をまずは「小樽市健康観察フォローアップセンター」が実施し、体調不良などで医療機関への受診や入院が必要と考えられる場合(119番要請を除く)には、小樽市保健所が対応します。

自宅療養者となられた方には、

  1. 保健所から一度連絡を差し上げたのち、自ら健康観察を行っていただきます。
    なお、65歳未満の方については、SMSショートメッセージの連絡を基本とし、電話連絡は入りません。
  2. 連絡は、陽性判明日の翌日以降となる場合がございます。陽性となった場合には、下記の「自宅療養のしおり」の内容をご確認いただき、自宅でお過ごしくださいますようお願いします。
  3. 経過の順調な方は、保健所(小樽市健康観察フォローアップセンター)からの療養解除の連絡は行われません。
  4. 健康観察ツール「MY HER-SYS(マイハーシス)」に入力がなく小樽市健康観察フォローアップセンターから連絡がつかない場合は、その後の連絡は行いません。
    ご自身で健康管理を行い、体調不良がある場合は、自ら小樽市健康観察フォローアップセンター(0570-050-134)にご連絡ください。

なお、医療機関や高齢者・障がい者施設・事業所にお勤めで、自宅療養に入られる方は、小樽市保健所健康増進課(下記連絡先参照)までご連絡いただきますようお願いいたします。

療養前に、療養中の過ごし方について「自宅療養のしおり」を必ずご一読ください。

体調が悪いなど、ご相談したいことがある場合には、下記連絡先までご連絡いただきますようお願いいたします。
 <連絡先>
 小樽市健康観察フォローアップセンター:0570-050-134(平日、土日祝9時~17時)
 夜間や早朝に陽性者の体調が悪化した場合は、119番を要請し「新型コロナウイルス陽性」であることを伝えてください。

自宅療養全般に関してご不明な点があれば、下記にご連絡ください
 小樽市保健所健康増進課 0134-22-3110(平日9時~17時)

以下のリンクをご確認ください

自宅療養のしおり R4.9.8[PDF:555KB]
陽性患者の自宅での生活について40601[PDF:828KB]
新型コロナウイルス感染症対応に係る保健所等による健康観察等について[PDF:209KB](厚生労働省通知)

新型コロナウイルス感染症自宅療養セットの申込について(外部サイト)

新型コロナウイルス感染症に係る療養を終了された方への療養証明書について(外部サイト)

宿泊施設で療養される方へ

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、重症者に対する入院医療の提供に支障をきたすことを防ぐため、軽症者のうち重症化リスクの低い方々について、北海道では宿泊施設における療養(宿泊療養)を実施しております。
 宿泊療養施設に入所されるにあたっての注意事項や持ち物をご確認いただく際は、こちらをご覧ください。

宿泊施設で療養される皆様へ(宿泊療養に係る注意事項)[PDF:330KB]

宿泊療養について(新型コロナウイルス感染症)-保健福祉部感染症対策局感染症対策課(外部サイト)

施設・医療機関等の関係者が陽性になった場合の対応について

施設・医療機関等の関係者が陽性になった場合は、以下のリンクより対応をお願いします。

施設・医療機関等の関係者が陽性になった場合の対応について

お問い合わせ

保健所 健康増進課
住所:〒047-0033 小樽市富岡1丁目5番12号
TEL:0134-22-3117
FAX:0134-22-1469
このページの
先頭へ戻る