【医療機関向け】新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業(個別接種促進のための支援)について

公開日 2023年07月11日

更新日 2024年02月01日

  令和4年度まで北海道で実施していた本支援は、令和5年度より実施主体が小樽市に変更となりました。

 新型コロナウイルスワクチンの効果的・効率的な接種を進めるため、個別接種推進に御協力いただいた小樽市内に所在する診療所に対し、支援金を給付します。

 申請書等の郵送先は北海道国民健康保険団体連合会となりますので、ご注意ください。

対象事業者

小樽市内に所在する診療所(病院については令和5年度より支援対象外)

支給要件・支給額

・支給要件
 週100回以上の接種を下記それぞれの対象期間中に4週間以上実施した診療所。
 ただし、週100回以上の接種を行ったそれぞれの週のうち、少なくとも1日は、時間外、夜間または休日にかかる接種体制を用意していること。

(※1)接種回数には小樽市民以外の方の接種実績も含みます。
(※2)接種を実施せず予診のみを行った場合は接種実績に含みません。
(※3)「4週間以上」は必ずしも連続する4週間である必要はありません。
(※4)週の考え方は、月曜日から日曜日までとなります。
(※5)「時間外、夜間または休日」の定義は以下のとおりです。なお、「接種体制を用意」には、医療機関で接種体制を 用意することの他に、自治体の集団接種会場等への医療従事者派遣を行っている場合を含みます。ただし、自治体の集団接種会場等での接種を自身の医療機関の接種回数に計上はできませんのでご留意ください。
  ○時間外:当該医療機関の標榜する診療時間以外の時間
  ○夜 間:18時以降(医療機関の診療時間に関わらない)
  ○休 日:日曜日及び国民の祝日に関する法律第3条に規定する休日。なお、1月2日及び3日並びに12月29 日、30日及び31日は、休日として取り扱います。加えて、土曜日も休日として取り扱います。(医療機関の診療日に関わりません。)

 (注)『本支援に対する時間外・休日の定義は、ワクチン接種費等の時間外・休日の定義とは異なるため、ご留意ください。』

 

・支給金額
 週100回以上の接種をした週の接種1回につき、2,000円

支援金の対象期間及び提出期間

対象期間 申請書等提出期間
第1期:令和5年5月1日~令和5年7月2日 令和5年7月3日~令和6年3月10日(必着)
第2期:令和5年7月3日~令和5年9月3日 令和5年9月4日~令和6年3月10日(必着)
第3期:令和5年9月4日~令和5年11月5日 令和5年11月6日~令和6年3月10日(必着)
第4期:令和5年11月6日~令和5年12月31日 令和6年1月1日~令和6年3月10日(必着)
第5期:令和6年1月1日~令和6年3月3日 令和6年3月4日~令和6年3月10日(必着)

 ※令和5年4月接種分については、本支援の対象外です。
 ※請求は毎月10日締めです。

支援金給付の流れ

(1)申請書等を作成します。北海道国民健康保険団体連合会(以下「国保連」という。)のホームページにアクセスし、申請書等をダウンロードして作成してください。

(2)申請書等を紙媒体で提出します。(1)で作成した申請書等を印刷して、国保連に紙媒体で提出(郵送)します。

(3)申請内容を確認後、支援金が給付されます。(2)で受け付けた申請内容を確認して、国保連から支援金が振り込まれます。

申請に必要な書類と様式

・必要な書類は以下のとおりです。

 (1)支援金給付申請書(別記様式3)

 (2)医療機関情報等入力票(別記様式1)

 (3)給付申請額内訳(別記様式2)

・国保連URL(ダウンロード先)https://www.hokkaido-kokuhoren.or.jp/

※提出は、国保連へ「郵送」してください。
※診療報酬請求等には同封せず、単独で送付してください。
※封筒の表面に「支援金給付申請書(令和5年度第〇期)在中」と記載してください。

要領

令和5年度小樽市新型コロナウイルスワクチン接種体制支援事業実施要領[PDF:150KB]

郵送先・お問い合わせ先

【郵送先】
 〒060-0062 札幌市中央区南2条西14丁目
 北海道国民健康保険団体連合会 予防接種対策本部

【お問い合わせ先】
 ・申請書の記入、作成方法等について(国保連 予防接種対策本部まで)
   電話:011-211-8896(対策本部直通)

お問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種対策本部
住所:〒047-8660 小樽市花園2丁目12番1号
TEL:0134-27-1221
FAX:0134-25-1487
このページの
先頭へ戻る