小樽ゆき物語

飲料水検査(27項目)の解説

飲料水27項目

No

検査項目

基準

解説

1

色度

5度以下

色度は、水の色の程度を分かりやすく数値にしたもので、通常は無色ですが、基準値は肉眼でほとんど無色と認める限度で、浴槽などに入れた水を肉眼で感知できる限界値として定めています。

2

濁度

2度以下

濁度とは、水の濁りの程度を分かりやすく数値にしたもので、基準値は肉眼でほとんど無色と認める限界値として定めています。

3

臭気

異常でないこと

水に付着する臭いを示します。藻類などの生物の繁殖、工場排水、下水の混入、地質などに伴い発生します。

4

異常でないこと

水の味は、地質、工場排水、化学薬品などの混入及び藻類など生物の繁殖などに起因し変化します。

5

pH値

5.8以上8.6以下であること

pHは水の酸性、アルカリ性の強さを0から14の数値で表しています。pH7が中性、7から小さくなるにつれて酸性を示し、逆に7より大きくなるとアルカリ性が強いことを表しています。

6

硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素

10mg/L以下であること

窒素肥料、腐敗した動植物、生活排水、下水などの混入によって検出されます。高濃度に含まれると乳幼児にメトヘモグロビン血症(チアノーゼ症)を発生させるおそれがあります。

7

塩化物イオン

200mg/L以下であること

ほとんどの自然水に含まれており、汚染源は工場や下水などの排水などで、特に海岸付近の地下水などは海水の浸透の影響を受けて数値が高くなる傾向があります。基準値以上の濃度で敏感な方は塩味を感じるといわれ、味覚の観点から定めています。

8

蒸発残留物

500mg/L以下であること

水を蒸発させたときに得られる残留物の総量です。主な成分はカルシウム、マグネシウム、ケイ酸などの塩類及び有機物です。残留物が多いと苦み、渋みなどが増しますが、適度含まれるとまろやかさを出すとされます。

9

カルシウム・マグネシウム等(硬度)

300mg/L以下であること

水中のカルシウムイオンとマグネシウムイオンの合計量を指し、主として地質に由来します。高すぎると石鹸の泡立ちを悪くするとともに、しつこい味がします。一方、低すぎると淡泊でこくのない味がします。

10

鉄及びその化合物

0.3mg/L以下であること

水中の鉄分が多いと水に赤色の着色が見られます。老朽化した配管などが原因で、出しがけの水などに赤水を生じることがあります。味や外観、洗濯物への着色の観点から基準を定めています。

11

過マンガン酸カリウム消費量

10mg/L以下であること

水中の有機物などによる水の汚れ具合を数値で示したものです。地下水などの場合は地質由来など土壌に起因するほか、し尿、下水、工場排水などの混入によっても増加します。

12

遊離残留塩素
(参考)

(参考)
水道法では、各家庭のじゃ口での残留塩素を0.1mg/L以上に保つように定めています。塩素消毒の確認のため、参考までに検査成績書に数値を記載しています。

13

一般細菌

1mLの検水で形成される集落数が100以下であること

一般細菌は水や大気中、土中に生息しているほとんど無害な細菌です。正常な水には少なく、汚染された水には多い傾向があるため、水の汚染状況の把握や飲料水の消毒などの安全性を判断するといった指標に用いられています。

14

大腸菌群

検出されないこと

大腸菌群は、コレラや赤痢などの水系伝染病の原因であるふん便性によって汚染されているかの指標となります。大腸菌群は、人や動物のふん便に限らず土壌中など環境中にも広く分布しているため、大腸菌群が検出されても、必ずふん便性汚染そのものを意味するものではありません。しかし、大腸菌群の検出された水はふん便性の汚染の疑いも完全に否定できないので、「検出されないこと」という厳しい基準が定められております。検水50mL中に大腸菌群があるか判定し、結果は「検出」または「不検出」と記載します。

15

シアン化物イオン及び

塩化シアン

0.01mg/L以下であること

別名「青酸」とも呼ばれ、毒物としてよく知られています。メッキ工場や写真工業などで使用されており、毒性の高い塩化シアンはシアン化合物と塩素とが反応して生成されます。これらの毒性を考慮して基準値を定めています。

16

水銀及びその化合物

0.0005mg/L以下であること

水銀鉱床などの地帯を流れる河川や、工場排水、農薬、下水などからの混入により検出される場合があります。水俣病の原因物質として知られています。

17

有機リン

0.1mg/L以下であること

低毒性で残効性の高いEPNや有機リン化合物が、農薬として農産物の害虫駆除に使用されています。汚染源は農場などでの農薬散布による野菜や河川水が考えられます。

18

銅及びその化合物

1.0mg/L以下であること

鉱山や工場の排水、農薬などの混入や給水装置などに使用される銅管からの溶出に由来して検出されることがあります。高濃度に含まれると洗濯物や配管設備を着色させる原因となります。

19

マンガン及びその化合物

0.3mg/L以下であること

主に地質から検出され、高濃度に含まれると消毒用の塩素が酸化され黒色を呈することがあります。

20

亜鉛及びその化合物

1.0mg/L以下であること

鉱山排水、工場排水などの混入や亜鉛メッキ鋼管からの溶出に由来して検出されることがあり、高濃度に含まれると白濁しやすくなります。

21

鉛及びその化合物

0.1mg/L以下であること

鉱山・工場等からの排水から混入することがあります。また、鉛管を使用した給水管等から混入すること場合もあります。

22

六価クロム化合物

0.05mg/L以下であること

鉱山排水や工場排水などの混入によって検出されることがあります。

23

カドミウム及びその化合物

0.01mg/L以下であること

鉱山や工場の排水等から混入することがあります。イタイイタイ病の原因物質として知られています。

24

ヒ素及びその化合物

0.05mg/L以下であること

地質の影響、鉱泉、鉱山排水、工場排水などの混入によって検出されることがあります。

25

フッ素及びその化合物

0.8mg/L以下であること

汚染源には地質由来のものや工場排水などがあります。低濃度では虫歯予防になりますが、高濃度ではエナメル質が侵されやすくなり、斑状歯(はんじょうし)の症状が現れることがあります。

26

フェノール類

フェノールとして、0.005mg/L以下であること

工場排水などの混入によって検出されることがあり、微量であっても異臭味の原因となります。

27

陰イオン界面活性剤

0.5mg/L以下であること

生活排水や工場排水などの混入に由来し、高濃度に含まれると泡立ちの原因となります。

※解説欄は、「水質基準の見直しにおける検討概要(平成15年4月厚生科学審議会ほか)」を一部引用しています。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.