小樽ゆき物語

生肉による食中毒の防止について

 肉を生で食べると、腸管出血性大腸菌O157、カンピロバクター、サルモネラなどの食中毒菌のほか、肝炎ウイルス、寄生虫に汚染されている場合があり、大変危険です。
幼児や高齢者など抵抗力の弱い人が、生肉または加熱不十分な肉を食べて重い食中毒になる例が、全国的に発生しています。
肉を食べるときは、以下のことに注意して、生肉による食中毒を防ぎましょう。

消費者の皆さんへ

幼児や高齢者など抵抗力の弱い人に、生肉・生レバーや加熱不十分な肉を食べさせないようにしましょう。

 

(1)菌をつけない

  • 生肉を触った手や箸、調理に使用したまな板、包丁などは、十分洗浄・消毒をしましょう。
  • 生肉をとる箸と、食べる箸を分けましょう。

 

(2)菌を増やさない

  • 肉は、購入後すぐに冷蔵庫に保管しましょう。

 

(3)菌を殺す

  • 幼児や高齢者など抵抗力の弱い人が生肉・生レバーや加熱不十分な肉を食べると、重い食中毒になる場合もあります。肉は十分加熱して食べましょう。

 

(4)生食するときは「生食用」の表示があるものを

  • 牛、馬の肉を生で食べるときは、表示などで「生食用」であることを必ず確認しましょう。

 

(5)牛レバーは生で食べず、中心部まで十分に加熱して食べましょう

 

営業者の皆さんへ

「生食用」の表示のない肉やレバーを、生食用として提供しないようにしましょう。

 

(1)菌をつけない

  • 生肉を触った手やはし、調理に使用したまな板、包丁などは、十分洗浄、消毒をしましょう。
  • 生肉をとるはしをつけて提供しましょう。

 

(2)菌を増やさない

  • 肉は、仕入後、すぐに冷蔵庫に保管しましょう。

 

(3)菌を殺す

  • 肉は十分加熱して食べるよう、お客様に説明しましょう。加熱不十分な肉を食べると、食中毒になる場合があります。

 

(4)「生食用」の表示のない肉を生で提供しない

  • 生食用として提供できるのは、「生食用食肉の衛生基準」等に適合した処理施設で加工された牛、馬の肉で、「生食用」と表示のあるものに限ります。

 

(5)牛レバーについては、生食用の衛生基準に適合するものであっても、生食用として提供しない

 

参考リンク

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.