小樽ゆき物語

災害時の食中毒予防について

 災害時は、断水、停電等により衛生環境が悪化し、食中毒が発生しやすくなります。

家庭での調理や炊き出しを行う際は、以下に注意し、食中毒を予防しましょう。

 

<食中毒予防3原則>

  • 菌をつけない

 食品を取り扱うときは、よく手を洗いましょう。水が十分に確保できない場合には、ウエットティッシュなどを活用しましょう。

 

  • 菌を増やさない

 停電の際は、保冷が十分できないので、温度管理が必要な食材は使用しないようにしましょう。

 また、炊き出し等の調理品はなるべく早く食べましょう。

 

  • 菌をやっつける

 調理品は、中心までしっかり加熱してすぐに提供しましょう。

 

 このほか、期限切れ食品や余った食品は、ため込まず廃棄しましょう。

 

<炊き出しの注意点>

1.提供する食品は加熱調理を行った食品とし、生もの(刺身、生野菜サラダ等)の提供は控えましょう。

2.調理従事者における注意点

  • 体調不良者は、食品の取り扱いはしないようにしましょう。
  • 調理前には手洗い、手指消毒を必ず行い、使い捨ての手袋、マスク等を着用しましょう。

3.食品配布における注意点

  • 調理後は、すみやかに提供しましょう。作り置きは厳禁です。

4.その他の事項

  • 万が一、食中毒等の事故があった場合に備えて任意の届け出(仮設食堂開設通知書)にご協力ください。
  • 食中毒調査時の検査用に、調理済み食品を50gずつ清潔なビニールに入れて、冷凍で2週間保存しましょう。

 

避難所における食中毒予防について

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.