祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

小樽市宿泊業事業継続支援金について

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた行動自粛などの影響により売上げが減少している市内の宿泊施設事業者に対して事業継続支援金を支給します。

 

|制度の概要|申請書など支給要件等について

対象者

次の要件のいずれにも該当し、今後も営業する意思のある宿泊事業者

  1. 下記のいずれかの事業者
    • 旅館業法に規定する「旅館・ホテル」、「簡易宿所」、「下宿」を営み、令和2年6月1日現在、小樽市保健所の許可を得ている事業者
    • 住宅宿泊事業法に規定する「民泊施設」を営み、令和2年6月1日現在、北海道に届出を行っている事業者
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年3月、4月、5月又は6月のいずれかの月の売上げが、前年同月比30%以上減少している事業者

※開業してから2か月以上1年未満の新規創業者は、開業後のいずれかの2か月の売上げを用いて算定します。

支給額

支給額は、基本額に加算額(客室が30室を超える場合)を加えた額になります。

基本額

複数の施設を営業している事業者は、施設のうち最も高い基本額とします。

  • 旅館・ホテル:10室以上は30万円、10室未満は10万円
  • 簡易宿所・下宿:10万円
  • 民泊施設:5万円

加算額

客室が30室を超える1室につき5千円

※複数施設を営業している事業者は、それぞれの施設の室数を合算します。民泊施設については、届出番号1件につき1室とみなします。

申請期間

令和2年6月1日(月)〜7月31日(金)消印有効

※感染拡大防止の観点から、混雑による人の密集を避けるため、郵送又は電子メールでの提出に御協力ください。

提出先

  • 郵送の場合
    • 〒047-0007小樽市港町4番3号、小樽市産業港湾部観光振興室
  • 電子メールの場合

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.