祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

小樽市宿泊業事業継続追加支援金について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により売上げが減少している市内の宿泊施設事業者に対して事業継続追加支援金を支給します。

 

|制度の概要|申請書など支給申請金額の算出方法等について

対象者

次の要件のいずれにも該当し、今後も営業する意思のある宿泊事業者

  1. 下記のいずれにも該当する事業者
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年3月、4月、5月、6月又は7月のいずれかの月の売上げが、前年同月比30%以上減少している事業者

※開業してから2か月以上1年未満の新規創業者は、開業後のいずれかの2か月の売上げを用いて算定します。

(売上げの比較)新規創業者について

開業してから2か月以上1年未満の新規創業者のため、前年同月との売上げ比較ができない場合は、以下の算出方法にて比較を行います。

  1. 令和2年3月から7月までのいずれか1か月の売上げと、営業開始から直近までのうち、いずれか2か月を選択しその平均との比較を行います。
  2. 開業2か月の新規創業者については、直近1か月と、直近1か月を含む最近2か月の平均との比較を行います。

※月の途中からの開業の場合、営業期間の売上高を月換算の上、比較を行います。

一時的に休業している場合

新型コロナウイルス感染症の影響により施設を休業していても、今後営業を再開する意思があれば支給の対象となります。

廃業している場合

対象外となります。

旅館業法の廃業の届出がされていない場合は、小樽市保健所生活衛生課まで届出をお願いします。

支給金額

宿泊施設に係る令和元年度1年分の上下水道料金相当額(千円未満は切捨て)

上限額は、1事業者当たり1,000万円

※令和元年度中に開業しているなどにより、支払額が1年度分に満たない事業者は、支払済みの月平均額を算定し、1年度分として支援額を決定します。

申請期間

令和2年8月11日(火)〜9月30日(水)※必着

※感染拡大防止の観点から、混雑による人の密集を避けるため、郵送での提出に御協力ください。

提出先

〒047-0007小樽市港町4番3号、小樽市産業港湾部観光振興室

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.