祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

飲食店支援金について

飲食店における昼間のカラオケを原因とする集団感染の発生により、昼間のカラオケを提供しない店舗においても影響が及んでいることから、感染拡大防止に取り組んでいる飲食店に支援金を支給します。

飲食店支援金について(PDF:1029kb)

飲食店支援金事業実施要綱(PDF:197kb)

 

対象

店内で飲食を提供する市内の飲食店

※昼間のカラオケを提供する店舗は除く

※昼間のカラオケを提供する店舗の方はこちらをご覧ください

※対象となる飲食店の例

スナック、バー、居酒屋、食堂、レストラン、専門料理店(日本料理、中華料理、焼き肉店など)、そば・うどん店、ラーメン店、すし店、喫茶店など

 

要件

新北海道スタイルの実践など、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に取り組んでいること

1.スタッフのマスク着用と小まめな手洗い

2.スタッフの健康管理

3.施設内の定期的な換気

4.設備、器具などの定期的な消毒・洗浄

5.一定の距離の確保(間仕切りなどの活用や人数制限、空席の確保など)

6.利用者への咳エチケットや手洗いの呼びかけ

7.感染対策に対する取組の利用者へのお知らせ

など

 

協力金額

1店舗につき20万円

 

申請に必要な書類

1.申請書

2.営業実態が確認できるもの(営業許可証の写し)

3.取り組んでいる感染防止対策がわかるもの(取組についての店内写真や、店内掲示物(「新北海道スタイル」安心宣言(店名入り))の写真など)

4.振込先の預金通帳の写し(振込先(カナ)や金融機関名・支店名を確認できるページ)

 

申請期間・方法

【申請期間】令和2年7月15日(水)〜8月31日(月)

【申請方法】原則、郵送での提出

※感染拡大防止の観点から、混雑による人の密集を避けるため、市役所窓口では受付いたしません

【提出先】

〒047‐8660

小樽市花園2丁目12番1号

小樽市産業港湾部産業振興課

 

申請書等様式

申請書(PDF:196kb)

申請書(Word:31kb)

申請書記載例(PDF:275kb)

※電子メールでの提出は受付していませんのでご注意ください

 

新北海道スタイルとは

新型コロナウイルスとの闘いが長期化している中、国が示した「新しい生活様式」の北海道内での実践に向けた、新しいライフスタイルやビジネススタイル、それが「新北海道スタイル」です。

 

詳細については北海道HP(外部サイト)をご覧ください。

 

問合せ先

産業港湾部産業振興課

電話0134-32-4111、内線263・264・256

FAX0134-33-7432

電子メール:sangyo-sinko@city.otaru.lg.jp

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.