小樽ゆき物語

株式会社金子鉄工所

所在地/〒047-0013北海道小樽市奥沢4丁目21-10ロゴマーク

地図/Googleマップでご覧になれます。(外部サイト)
TEL/0134-23-8338

FAX/0134-23-8339

e-mail/kaneko-iron@mx6.et.tiki.ne.jp

企業の特色

 切削・溶接、機械加工から組み立てまでを自社にて一貫して行い、機械部品を製作しています。素材は鉄からステンレス・超合金まで、対応可能です。当社は、創業当時から製紙会社の機械部品を製造・修理し、昭和30年代から定番となっているオリジナル製品もあります。製紙工場に常駐して製紙機械のメンテナンスを担当していたノウハウを製品作りに活かしています。ほかに、ボイラー用水冷式ジャケットタイプの溶接・機械加工を得意分野としています。

製紙工場用スクリュー製紙工場用シリンダー

板弁(紙原料配管の流用調節バルブ)カンバスロール(たわみ調整および巻取りロール)

会社概要

  • 代表者/代表取締役 八幡 
  • 従業員数/9名
  • 資本金/1,000万円
  • 主な事業内容/製紙会社の機械部品製作・修理、一般機械器具部品製作・修理
  • 主要製品等/パルプ配管用板バルブ、パルプ巻取りロール、石炭ボイラー用スクリュー
  • 主要取引先/王子製紙(株)苫小牧工場、王子特殊紙(株)江別工場、王子エンジニアリング(株)苫小牧事業部・江別事業部、王子工営北海道(株)、苫小牧王子紙業(株)、江別王子紙業(株)
  • 企業の沿革/

 昭和29年5月:現在地にて金子四郎治氏が創業・設立
 平成12年9月:八幡誠氏(4代目)社長就任

外観写真

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.