小樽ゆき物語

寿産業株式会社 環境開発室 銭函工場

所在地/〒047-0261 北海道小樽市銭函3丁目521-6

地図/Googleマップでご覧になれます。(外部サイト)ロゴマーク
TEL/0134-62-0123

FAX/0134-62-0121

URL/http://www.kotobuki-sangyo.com(外部サイト)

e-mail/kotobuki@kotobuki-sangyo.com

企業の特色

 当社は、圧延用ローラーガイドの製造で国内シェア8割を超すトップメーカーです。平成10年に新規事業開発のためにプロジェクトチームを発足、環境関連機器などの新分野に進出し、「廃タイヤリサイクル」に取り組み始めました。一工程で廃タイヤを破砕しながらワイヤーとゴムを分離する分離破砕装置を開発、商品化に成功しました。この分離されたゴムチップをさらに細かくすることにより、公園や道路の舗装材、消音・防振材などの広範囲な商品として活用されています。さらに、リサイクル活用を広げるために、常温では不可能といわれたゴムの微粉砕機の研究開発に着手し、天然ゴムに添加してもゴム製品の物性を落とすことなくリサイクル可能な微粉ゴムの粉砕機を開発しました。平成17年に小樽市銭函工場を開設し、微粉砕技術を活用して廃タイヤに限らず、広範囲な廃棄物の資源化を目指します。

分離破砕機ビードワイヤー抜取機

微粉ゴム

会社概要

  • 代表者/代表取締役社長 鈴木 俊幸
  • 従業員数/64名(うち銭函工場4名)
  • 資本金/9,680万円
  • 主な事業内容/圧延誘導機器設計・製作・販売、一般機械設計・製作・販売、廃タイヤの再生処理機械の開発・製造・販売、耐摩耗製品国内代理店、耐摩耗製品輸入代理店
  • 主要製品等/ローラーガイド、圧延関連機器、ビードワイヤー抜取機、分離破砕機
  • 関連会社/寿機械株式会社、ことぶき管財
  • 資格・認定等/ISO9001(発寒工場)
  • 企業の沿革/

 昭和26年:寿産業株式会社設立
 昭和38年:圧延用ローラーガイド開発
 昭和42年:札幌鉄工団地内に発寒工場開設
 平成2年:宮城県利府町に利府工場開設
 平成10年:新規事業開発プロジェクトチーム発足
 平成13年:廃タイヤリサイクルシステム1号機納入
 平成17年:現在地に銭函工場開設

外観写真

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.