ぎょれん総合食品株式会社

  • 塩干品
  • 塩蔵品
  • 冷凍食品
地図
ぎょれん

所在地:〒061-3271北海道小樽市銭函5丁目60番地4
TEL:0133-71-2525/FAX:0133-71-2626

 

北海道の食材を高付加価値化

当社は秋サケの付加価値向上を目的として、北海道漁業協同組合連合会の出資で設立。「加工センター」では秋サケドレス・フィーレ・魚卵(イクラ)などの一次加工を行い、高次加工工場の「食品工場」では、秋サケ・ホタテ・イカのフライを主体にタコ・イカ・スケソウダラのから揚げなどの製造を行っています。食品衛生・品質においても第三者認証を取得し、安心・安全な工場として認知されています。宅配・店舗向けの市販用を主体に業務用、OEM製品まで幅広く扱い、『道産の原料を道内で加工する』ことによる付加価値向上を図っています。

 加工センターは凍結設備100t/日、冷蔵設備3,300tを保有しています  
加工センターでのフィーレ加工
トリミング、等級選別を行っています
 
つくだ煮に利用する刻み昆布の選別作業
 
イカ・タコなどのから揚げ製品は年間300t生産しています
   
「北海道のさけメンチカツ(チーズ入り)」量販店用(左)、共同購入・業務用(右)
サケの中落ちを採肉して使用しています
 
 

●代表者/代表取締役社長中村隆一●従業員数/282名(うち正社員38名)
●資本金/9000万円●年間売上高/63億円
●取扱商品名/秋サケ製品(フィーレ等)、タコ製品(ボイル、生冷)、魚卵製品(数の子、イクラ、タラコ)、フライ・から揚げ製品(秋サケ、ホタテ、ホッケ、イカ、コマイ、カレイなど)、昆布製品(刻み、角切り)
●資格・認定など/HACCP(対米輸出可)認証取得、ISO22000:2005(JAB)承認取得、(社)日本冷凍食品認定工場
●主要販売先/北海道漁業協同組合連合会
●主要仕入先/北海道漁業協同組合連合会
●主な取引先銀行/農林中央金庫、北海道信用漁業協同組合連合会、北洋銀行
●関連会社/北海道漁業協同組合連合会
●企業の沿革/
平成7年5月:小樽市にて設立(資本金:5,000万円)
平成8年3月:操業開始
平成16年4月:ぎょれん総合加工センターと経営統合し、旧ぎょれん総合加工センター施設を加工センター、ぎょれん総合食品(株)施設を食品工場にそれぞれ改称
平成21年4月:ぎょれん販売(株)食品工場部門を譲受し、札幌工場に改称
平成21年5月:資本金を9,000万円に増資

▲このページのTOPへ戻る




 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.