小樽ゆき物語





株式会社丸本本間食品

  • 塩蔵品
  • その他
地図
株式会社丸本本間食品

所在地:〒047-0261北海道小樽市銭函1丁目30番5号
TEL:0134-62-5155/FAX:0134-62-3356
E-mail:tarako@otaru-maruhon.com

 

職人がつくる最高の「たらこ」

タラコ、味付け数の子、生珍味などを製造しています。主力であるタラコは、安定的に確保可能で成熟したロシア産輸入冷凍原卵を使用。当社独自の解凍・冷凍技術により、近海産生鮮卵使用のタラコと遜色なく仕上げることに成功しました。常に変わらぬ味を提供するために全ての従業員を正社員とし技術の研さんを怠らないことで、お客さまの手元に届いた瞬間が最高の状態になるよう、緻密に計算された製品を生産しています。「原料を買わせていただく、そして製品を売らせていただく」を信条として、感謝の心を持って製品を造っています。

 
HACCP仕様工場として万全の体制を敷いています
 
回転機での漬け込み作業
 
20kg樽に調味液を入れ、24時間漬け込みます
 
職人の目がきびしく選別を行います
 
「たらこ」
平成3年、第30回農林水産祭りにおいて最高賞である天皇杯を民間企業で初めて受賞しました
現在も変わらぬ製法で製造しています
 
 商品の紹介(PDF:770KB)※小樽市水産加工品データベースへジャンプします。
 
 

●代表者/代表取締役本間啓司
●従業員数/41名(うち正社員41名)〈平成23年10月現在〉
●資本金/1600万円
●年間売上高/10億円
●取扱商品名/タラコ、味付数の子、生珍味など
●資格・認定など/HACCP仕様工場
●主要販売先/全国百貨店、全国大卸市場
●主要仕入先/日本水産(株)、(株)マルハニチロ水産、(株)うおいち、丸水秋田中央水産(株)ほか
●主な取引先銀行/北陸銀行、三菱東京UFJ銀行など
●関連会社/(株)丸本エンタープライズ
●その他/
「たらこ」全国水産加工たべもの展にて農林水産大臣賞(平成3年3月)、
農林水産祭水産部門において天皇杯受賞(平成3年11月)
●企業の沿革/
昭和42年8月:小樽市長橋にて本間啓司氏が創業
昭和51年9月:小樽市銭函に移転
昭和52年8月:管理棟・製品製造室新築増設
平成2年11月:完全クリーン化製品工場新築

▲このページのTOPへ戻る




 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.