有限会社丸本一本間水産

  • 塩干品
地図
丸本一本間水産

所在地:〒047-0048北海道小樽市高島5丁目5番14号
TEL:0134-34-3344/FAX:0134-34-3346

 

魚を見分ける卓越した技を、仕入れや加工に活かす

主にホッケ、ニシン、宗八ガレイ、ハタハタ、サンマなどの塩干品を取り扱っています。そのうち9割は開きホッケで、羅臼より原料を仕入れて加工しています。そのほか、小樽で水揚げされた魚を札幌中央卸売市場隣接の店舗にて販売。鮮魚店や居酒屋、一般ユーザーに、幅広く対面販売をしています。インターネット販売会社へのギフト製品の卸しなど、新しい市場も開拓。魚を見分ける卓越した技と、長年培ってきた信用が当社の財産です。

 
店内風景
お客さまとの対話を大切に考え、製品の具体的な説明を心がけています
 
 
店頭には自社生産の干物のほか、新鮮な魚が豊富に並びます
 
 
 
 

●代表者/代表取締役本間剛
●従業員数/4名
●資本金/500万円
●取扱商品名/開きホッケ、開きニシン、干宗八ガレイ、鮮魚、冷凍品など
●主な取引先銀行/北洋銀行、小樽信用金庫
●その他/小樽水産加工業協同組合員
●企業の沿革/
昭和33年:本間房雄氏が創業
昭和45年10月:丸果総合食品センター(現さっぽろ朝市協同組合)内に出店
昭和59年:本間剛氏が代表取締役就任、現在に至る

▲このページのTOPへ戻る




 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.