小樽ゆき物語





有限会社布川加工所

  • その他
地図
布川加工所

所在地:〒047-0044北海道小樽市梅ケ枝町12番11号
TEL:0134-33-3728/FAX:0134-29-2411

 

小回りが効き、細かな要望に対応可能

主に小樽近海のワラヅカとホッケを原料としたすり身を製造しています。1日約700〜800kgを加工しているワラヅカは、頭・内臓・中骨まで全て手作業で取り除きます。市内大手かまぼこ店などで高級かまぼこの原料として利用されているため、身の中に一切の不純物が残らないよう、細心の注意のもと製造されたすり身は生のまま納品しています。小規模工場の利点を活かし、飲食店のメニュー開発やマチの活性化につながる商品開発などにも積極的に参画し、他の魚種を含む小ロットの注文にも対応しています。

 
ワラヅカの前処理
手間がかかることなどから、ワラヅカをメインで取り扱う工場は減少しています
 
 
頭と内臓を取り除いた原料は、採肉機で身と皮・骨に分け、タンクの中で3回水にさらし、丁寧に不純物を取り除いています
 
 
不純物を取り除いた後、スクリュープレスで絞り、裏ごし機にかけて製品へ
 
 商品の紹介(PDF:566KB)※小樽市水産加工品データベースへジャンプします。
 
 

●代表者/代表取締役長谷川郁子
●従業員数/4名
●資本金/1000万円
●年間売上高/7000万円
●取扱商品名/ワラヅカ・ホッケなどのすり身
●主要販売先/(株)かま栄、(株)マルハ橋本商会ほか
●主要仕入先/(株)巴板倉商店
●主な取引先銀行/北洋銀行、小樽信用金庫
●その他/小樽水産加工業協同組合員
●企業の沿革/
昭和45年:布川要子氏が創業
昭和52年2月:有限会社布川加工所設立

▲このページのTOPへ戻る




 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.