小樽ゆき物語





有限会社下町(しもまち)商店

下町商店

所在地:〒047-0044北海道小樽市梅ケ枝町35番1号
TEL:0134-22-1966/FAX:0134-33-9995
E-mail:ksb-0202@lapis.plala.or.jp

 

魚に合わせた製造法で本来のおいしさを引き出す

主に、ホッケ(羅臼、礼文島産)、サンマ(根室市産)、ニシン(道内産)の干物を製造しています。ホッケ、サンマとも年間60万枚以上を生産。ほかにも、宗八ガレイ、ナメタガレイ、キンキなども取り扱います。旬の原料を冷凍保存することで、通年で安定した生産を可能とし、伯方産の塩のみで仕上げた製品は、添加物を一切使用していません。原料の種類や部位によって、塩水漬けや振り塩といった塩加減の調整にも細かく対応し、魚本来の味を引き出しています。年中無休、昼夜2交代体制で生産し、出来たてをお客さまに届けています。

 
原料の前処理
中骨等、丁寧に除去します
 
 
乾燥機
一度にホッケ10,000枚の加工が可能です
加工後翌日には製品として出荷します
 
左からホッケ、カレイ、サンマ、ニシンの開き
塩以外の調味料は使用していません
 商品の紹介(PDF:624KB)※小樽市水産加工品データベースへジャンプします。
 
 

●代表者/代表取締役下町俊治
●従業員数/21名(うち正社員5名)〈平成23年9月現在〉
●資本金/1500万円
●年間売上高/2億400万円
●取扱商品名/ホッケ・サンマ・ニシン等の開き
●主要販売先/カネシメ高橋水産(株)
●主要仕入先/カネシメ高橋水産(株)
●主な取引先銀行/北洋銀行
●その他/小樽水産加工業協同組合員
●企業の沿革/
昭和5年:小樽市にて下町仁太郎氏が創業
昭和10年:小樽市梅ケ枝町に移転
昭和36年:有限会社下町商店設立

▲このページのTOPへ戻る




 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.