春の魚

ヤリイカ

全体的に細長く、後方へヤリ状に伸びたヒレが特徴。冬から旬を迎え、春先まで

水揚げされます。寿司ねたや刺身で食べることが多く、高級イカとして人気です。

 

シャコ

砂泥の海底に1匹ごとに巣穴を掘り生活しています。しゃこの絵

春のメス、秋のオスと、一年に2度の旬を迎え、小樽産は身が大きいのが特徴。

寿司ねたとしてはもちろん、「小樽しゃこ祭り」では茹でたて・焼きたての殻付きシャコが味わえ、小樽の新しい特産品として注目を集めています。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.