グラスデザインコンテスト入賞者による制作過程見学

第6回 小樽がらす市 「グラスデザインコンテスト【中学生の部】」最優秀賞を受賞されました

潮見台中学校3年の保川朋佳さんが、自身のデザインしたグラスの制作過程を見学しました!

 

ガラスが巻き取られる様子

1,200℃の窯の中で溶けたガラスが巻き取られ、いよいよ制作が始まります!

制作を担当するのは、小樽il PONTEの永田琢也さんです。

 

ガラスに息が吹き込まれます! 

ガラスを膨らませる、最初のひと吹きはコツが必要です!

 

葉っぱが取り付けられる様子

葉っぱが取り付けられ、みるみるうちにあさがおの形になっていきます。

 

今日の作業はここまで!

今日の作業はここまで!

7月25日(金)午後1時から行われる表彰式で、完成品とのご対面です。

表彰式がとても待ち遠しい保川さんでした。

 

グラスデザインコンテストの入賞作品は小樽がらす市開催期間中、

色内広場にて展示しております。

皆さんも、ぜひ足を運んでいただき、子どもたちの想像力豊かなデザインと

それを造型するガラス作家さんの職人技を堪能してください!

 

 

 

 

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.