おたる月間イベント情報7月号

小樽で行われるさまざまなイベントを詳しく紹介するページです。
小樽は春から秋にかけて大小あわせて15にも及ぶ神社などのお祭りが開かれるほか、四季を通じて盛りだくさんのイベントが開催されます。
最新情報は毎月末日ころ掲載の予定です。

御意見、御要望がございましたらお寄せください。

印刷用ページのダウンロードはこちら

最新号令和元年7月号(PDF362KB)

バックナンバー(前月PDF)は、こちらで御覧になれます。

 

第53回おたる潮まつり

  • とき:7月26日(金)〜28(日)
  • ところ:小樽港第3号ふ頭基部、市内中心部

海への感謝と小樽の発展を祈念する祭りです。約8,000人が市内を踊り歩く「潮ねりこみ」や郷土芸能「潮太鼓」、道内外から集まった担ぎ手による「みこしパレード」、花火大会などが”まち”を”まつり一色”に染めます。

主なイベント

出店時間

  • 7月26日(金)15:00〜22:00
  • 7月27日(土)10:00〜22:30
  • 7月28日(日)10:00〜22:00

7月26日(金)

  • 潮ふれこみ(18:00〜19:00)
  • 開催式(19:00〜20:00)
  • 道新納涼花火大会(20:00〜20:30)【小雨決行、荒天中止】

7月27日(土)

  • カーナビラジオ午後一番公開生放送(12:00〜13:30)
  • 潮ねりこみ(13:00〜21:00)【花園グリーンロード→潮まつり中央ステージ】
    • 14:30頃と18:00頃から個人、少人数でも踊ることができる”とびいりDE踊り隊”が出発します。(参加される方は、出発時間の30分前までに花園グリーンロード(花園3丁目)に集合

7月28日(日)

  • 潮太鼓打演(12:10〜13:00)
  • 神輿パレード(14:00〜16:30)
  • 道新納涼花火大会(20:00〜20:40)【小雨決行、荒天中止】

耳寄り情報

潮まつりの大花火大会にあわせて、海上観光船と運河クルーズが運航になります(要予約)。夏の思い出に、最高の特等席から花火を見てみませんか。予約や料金等については、下記まで御問合せください。

第11回小樽がらす市

  • とき:7月26日(金)〜28(日)10:00〜21:00(26日(金)は、12:00から、28日(日)は、20:00まで)
  • ところ:旧国鉄手宮線(色内1丁目15)、色内広場(市立小樽文学館・美術館中庭)

小樽市内を中心に全国のガラス工房などが集結し、ガラス製品の展示販売や制作体験を行います。

第2回おたる浴衣ウィーク〜ちょっと小樽でハイカラさん〜

  • とき:7月26日(金)〜8月4日(日)
  • ところ:都通り商店街、サンモール一番街、梁川商店街、花園銀座商店街、堺町通り商店街ほか

期間中、市内のイベントや商店街協力店などに浴衣でお出かけするとお得なサービスが受けられるほか、インスタグラムを使ったプレゼント企画も!イベント公式アカウントでは、市内の浴衣の似合うスポットを紹介中。詳しくは「おたる浴衣ウィーク」で検索!

  • 問合せ先:おたる浴衣ウィーク実行委員会事務局、電話:0134‐32‐4111(内線267)

第11回トマト祭り2019

  • とき:7月5日(金)〜7日(日)9:00〜18:00
  • ところ:田中酒造亀甲蔵(信香町2-2)

トマトの栽培事情や新品種の紹介のほか、約20種類の珍しい北海道産トマトをはじめ、トマトケチャップやトマト酢、トマトのお酒、新商品のトマトパンやトマト大福など、さまざまな加工商品を販売します。

あさり小樽自動車学校サマーフェスティバル’19

  • とき:7月7日(日)9:00〜13:00(雨天時は14日に順延)
  • ところ:小樽自動車学校(新光2丁目20-33)

フリーマーケットやミニ縁日コーナーなどのイベント、警察署と消防署の方による展示や講習会も行われます。

  • 問合せ先:あさり小樽自動車学校サマーフェスティバル事務局、電話:0134-61-1035、0134-54-8131

日和山灯台の夜間ライトアップ(7月8日追記)

  • とき:7月13日(土)19:00〜20:15(荒天時等、ライトアップを中止する場合があります。)
  • ところ:日和山灯台(祝津3丁目)

おたる水族館の夜間営業に合わせ、高島岬にある日和山灯台をライトアップします。水族館の海獣公園から、夜空に浮かぶ幻想的な灯台を眺めませんか。また、灯台の敷地内と灯台1階展示室を特別公開します。夜間のため、来場の際は懐中電灯を持参してください。

  • 問合せ先:小樽海上保安部交通課、電話:0134-23-0481

マリン・フェスタin小樽

  • とき:7月14日(日)10:00〜16:00
  • ところ:小樽築港臨海公園前水域、小樽港マリーナ、新日本海フェリーターミナルほか

『海の日』にちなんだイベントで、各会場で様々なイベントを楽しめます。モーターボート、水上オートバイの体験操船のほか、クルーザーボート、ヨットの体験乗船が行われ、フリーマーケットやバンド演奏も開催されます。

  • 問合せ先:株式会社マリンウェーブ小樽、電話:0134‐22‐1311

第5回ザンギ甲子園

  • とき:7月13日(土)〜15日(月・祝)15:00〜20:30
  • ところ:サンモール一番街商店街特設ビアガーデン

市内30店舗以上のザンギを集め、一堂に楽しめるイベントです。今回は、全道からの招待飲食店も出店します。

  • 問合せ先:ベンジー高野商事株式会社、電話:0134-34-1144

’19おたる☆浅草橋オールディーズナイトvol.16

  • とき:7月20日(土)、21日(日)11:00〜20:00
  • ところ:おたるマリン広場(港町5番合同庁舎向かい)

全道から選りすぐりの32バンドが出演します。夏の潮風を受けてノリの良いオールディーズバンド演奏で、飲んで歌って踊って夏を楽しめます。

  • 問合せ先:浅草橋オールディーズナイト実行委員会、電話:0134-23-3484

ほたると森の復活祭

  • とき:7月24日(水)、25日(木)17:00〜21:00
  • ところ:あさりクラッセホテル駐車場(朝里川温泉2丁目676)

ほたるの光やロウソクの灯火で、会場は幻想的な雰囲気に包まれます。野外ステージや飲食やタイでのホテルメイドの料理なども、お楽しみいただけます。

  • 問合せ先:ほたると森の復活祭実行委員会、電話:0134-52-3800

小樽市能楽堂夏季公開

  • とき:9月1日(日)まで、9:00〜17:30(夜間催事がある日は、催事終了まで公開)
  • ところ:小樽市能楽堂(花園5丁目2-1)

小樽市の貴重な歴史的建造物である能楽堂を一般開放します。この能舞台は、格式にのっとったものでは、東北以北唯一のものと言われています。期間中は、様々な催しが行われます。この機会に是非足をお運びください。※天候により中止になる場合もあります。

無料公演・展示プログラム

小樽後志民謡連合会民謡の夕べ

  • 7月14日(日)開場18:30〜
  • 全席自由席前売り券1,000円※チケット販売開始6月1日から

第15回外沢照章能面展

  • 7月30日(火)〜8月4日(日)9:00〜17:00※7月30日と31日に限り能面の彫り実演(10時〜12時)

小樽ライトアップ散策ガイドツアー

  • とき:7月、8月の毎週火曜日、木曜日、土曜日19:00〜※予約不要、参加費無料
  • ところ:旧国鉄手宮線旧色内駅集合(色内1丁目)

ライトアップされた員約80名)歴史的建造物をガイドの説明と一緒に巡ります。旧国鉄手宮線色内駅を出発し、小樽運河(浅草橋街園)を経由して、運河プラザで解散する約1時間の無料ツアーです。

  • 問合せ先:小樽観光ガイドクラブ、電話:090-6694-6224、090-8591-1940

市内のお祭り日程

海水浴場オープン情報

奥沢水源地水管橋の一般開放について

  • とき:11月4日(月)まで10:00〜16:00
  • ところ:階段式溢流路(天神2丁目19)

階段式溢流路(いつりゅうろ)は、奥沢ダムと勝納川の水を放流するために、大正3年に造られた施設です。この階段の縁には、長い石と短い石が交互に組まれています。その隙間から流れ落ちる水がすだれ状になって見えることから「水すだれ」と呼ばれています。流れ落ちる水の清らかな音とともに、周囲を囲む深い木々の緑が爽やかな涼感を誘い、自然と調和した景観美が楽しめます。

 歴史的価値から、昭和60年に「近代水道百選」、平成20年には「土木学会選奨土木遺産」に選ばれました。

特別展・企画展等のお知らせ

小樽市総合博物館本館

  • 所在地:手宮1丁目3-6
  • 電話:0134-33-2523
  • 入館料:(冬期料金)一般300円、市内在住70歳以上の方及び高校生150円、中学生以下無料
  • 開館時間:9:30〜17:00
  • 休館日:火曜日(祝日の場合は翌平日)
  • 小樽市総合博物館のページを御覧ください。

企画展「星コレクションー北鉄路の記憶・昭和編ー」

  • とき:7月6日(土)〜9月23日(月・祝)

市内在住の鉄道史研究家である星良助氏が撮影した、貴重な鉄道写真を紹介する企画展です。

蒸気機関車アイアンホース号運行

  • とき:10月20日(日)まで※整備点検のため運休の日もあり
  • ところ:小樽市総合博物館本館(手宮1丁目3-6)
  • 入館料:一般400円(冬期300円)、市内在住70歳以上の方及び高校生200円(冬期150円)、中学生以下無料※4月26日(金)までは冬期料金になります。

整備・点検のため運休日あり、故障発生時などは臨時運休することがあります。

  • 問合せ先:小樽市総合博物館本館、電話:0134-33-2523

小樽市総合博物館運河館

トピック展「昔懐かし動物園−市長夫人の切り抜き帳より−」

  • とき:6月29日(土)〜9月26日(木)

かつて小樽公園にあったこども動物園について、安達与五郎市長夫人が遺したスクラップブックをもとに紹介します。7月13日(土)には、小樽市総合博物館の学芸員による展示解説も行われます。

市立小樽文学館

  • 所在地:色内1丁目9-5
  • 電話:0134-32-2388
  • 入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料
  • 開館時間:9:30〜17:00(入館は、16:30まで)
  • 7月の休館日:1日(月)〜5日(金)、8日(月)、16日(火)、17日(水)、22日(月)、29日(月)
  • 市立小樽文学館のページを御覧ください。

企画展「いまプロレタリア芸術が面白い!知られざる昭和の大衆文化運動」

  • とき:7月6日(土)〜8月18日(日)

昭和初年代の貴重なプロレタリア文化運動資料(機関紙、ビラ、ポスター)を集めた展覧会です。

講演会石原慎太郎「文学とその時代」

  • とき:6月25日(火)13:00〜14:30

聴講無料(6月1日から予約受付)

市立小樽美術館

  • 所在地:色内1丁目9-5
  • 電話:0134-34-0035
  • 観覧料:一般600円、高校生・市内高齢者300円、中学生以下無料
  • 開館時間:9:30〜17:00(入館は、16:30まで)
  • 7月の休館日:1日(月)、8日(月)、16日(火)〜19日(金)、22日(月)、29日(月)
  • 市立小樽美術館のページを御覧ください。

特別展「北海道の緑〜佐藤進・佐藤道雄と一水会の画家たち」

  • とき:7月20日(土)〜9月16日(月・祝)

佐藤進・道雄親子を中心に、同じく一水会所属の画家・教員をしていた水彩画家が北海道各地の「緑」を描いた作品を展覧します。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.