おたる月間イベント情報11月号

小樽で行われるさまざまなイベントを詳しく紹介するページです。
小樽は春から秋にかけて大小あわせて15にも及ぶ神社などのお祭りが開かれるほか、四季を通じて盛りだくさんのイベントが開催されます。
最新情報は毎月末日ころ掲載の予定です。

御意見、御要望がございましたらお寄せください。

印刷用ページのダウンロードはこちら

最新号令和元年11月号(PDF352KB)

バックナンバー(前月PDF)は、こちらで御覧になれます。

 

小樽ゆき物語

  • とき:11月1日(金)〜2020年2月16日(日)
  • ところ:運河プラザ(色内2丁目1-20)ほか、市内各所

初冬の小樽をロマンチックに彩る様々な催しが行われます。隣町の余市町でも、余市ゆき物語を同時開催!

個性的なオブジェが登場します。

ワイングラスタワー(運河プラザ1番庫)

「硝子の街小樽」にふさわしいオブジェとして、ワイングラスを2,000個積み上げたボランティアによる手作りのタワーが登場します。

浮き玉ツリー(運河プラザ前庭)

漁業用に使われる硝子製の浮き玉に電飾を施しており、記念撮影のスポットとして人気です。(2020年2月2日(日)まで)

ガラスアートギャラリー(JR小樽駅)

市内で活躍する硝子工房が制作した作品が展示され、小樽に訪れる方をお迎えします。

(11月6日(水)〜2020年2月2日(日))

小樽ゆき物語各イベント情報

青の運河

  • とき:11月1日(金)〜2020年2月2日(日)、日没〜22:30
  • ところ:小樽運河(浅草橋から中央橋まで)

小樽の観光名所「小樽運河」を青のイルミネーションで幻想的に彩ります。11月1日(金)16:30から浅草橋街園でオープニングセレモニーを行います。

小樽キャンドルカフェ&バー

  • とき:ゆき物語期間中11月〜1月の各土曜日、19:00〜22:00(12月28日(土)、2020年1月4日(土)は除く。)
  • ところ:運河プラザ

ワイングラスタワーが展示される運河プラザをライトダウンし、キャンドルでロマンチックに演出。小樽・余市のお酒を提供するほか、ソフトドリンクや温かい飲み物もあります。

ゆき物語Twitterキャンペーン&プレゼント企画

イベント期間中に@otaruyoichisnowをフォローし、当キャンペーン告知ツイートをリツイート。皆さんの「#オタルノオモイデ」を投稿してください。宿泊券や特産品詰め合わせなどが、抽選で当たります。

しゃこ料理フェア

  • とき:11月1日(金)〜30日(土)
  • ところ
    • 小樽貴賓館(祝津3丁目63)
    • 籔半(稲穂2丁目19-14)
    • 小料理おばんです(花園1丁目10-8)
    • マンジャーレTAKINAMI(色内2丁目1-16)
    • 朝里クラッセホテルレストランシルフィード(朝里川温泉2丁目676)
    • 食彩工房望月(稲穂2丁目4-10)
    • グランドパーク小樽和食処こころ(築港11-3)

小樽沿岸で漁獲される「シャコ」。他の地域で取れるものよりも格別に大きいことで有名な小樽産シャコを、小樽市内7店のオリジナル料理で味わうことができます。ピンク色のシャコののぼりが目印です。

  • 問合せ先:小樽のおさかな普及推進委員会(小樽市水産課内)、電話:0134-32-4111(内線270)

おたる味覚市2019

  • とき:11月1日(金)〜4日(月・振休)
  • ところ:田中酒造亀甲蔵(信香町2-2)

北海道の後志地域を中心とした各地の旬の味覚など、食材にこだわったスイーツなどを紹介します。温かい甘酒の振る舞いや冬季限定酒の試飲、販売も行われます。

  • 問合せ先:「おたる味覚市2019」実行委員会(田中酒造亀甲蔵内)、電話:0134-21-2390

トロッコ乗車体験ー秋

  • とき:11月2日(土)〜4日(月・振休)、10:00〜16:00
  • ところ:旧国鉄手宮線(JR小樽駅前中央通り手宮方向)
  • 料金:小学生以上500円

北海道で最初(全国で3番目)に開通した鉄道(日本遺産「炭鉄港」・北海道遺産選定)のレール上を「トロッコ」で走る人気の乗車体験です。

  • 問合せ先:NPO法人北海道鉄道文化保存会、電話:0134‐61‐7777

JRヘルシーウォーキング旭展望台と小樽運河・堺町通り、南小樽ウォーク

  • とき:11月2日(土)(スタート)8:50〜10:30、(ゴール)10:00〜15:00
  • ところ:JR南小樽駅(住吉町10-7)

参加無料、予約不要のウォーキングイベントです。コースマップを手に、自分のペースで歩けます。小樽のビュースポット旭展望台を目指すコースで、高台からは小樽の街並みや北海道遺産である「小樽みなとと防波堤」を眺めることができます。

また、2日(土)と3日(日・祝)には、JR小樽駅で「小樽駅感謝祭」も開催されます。地元小学生による1日駅長お出迎えのほか、普段入ることのできない駅長室の公開やクイズラリー、灯台の日とコラボした特別展も開催されます。

  • 問合せ先:JRヘルシーウォーキング事務局、電話:011-219-8641(平日9:00〜17:00)

第70回小樽市文化祭小樽市文団協創立70周年記念「小樽市民芸術祭」

  • とき:11月2日(土)、3日(日・祝)開場9:00
  • ところ:小樽市民会館(花園5丁目3-1)

今年で第70回の節目を迎える「小樽市文化祭」。小樽市文化団体協議会の加盟団体が一堂に会し、展示やステージなどが行われます。

【展示】

いけばな、盆栽、絵画、書道など

【ステージ】

2日:午前の部10:00〜13:00、午後の部15:00〜17:00

日本舞踊、邦楽、長唄、バレエ、モダンダンス、フラダンスなど

3日:午前の部10:00〜12:00、午後の部14:00〜17:00

民謡、詩吟、高島越後踊り、合唱、ピアノ、管弦楽、吹奏楽など

【スペシャルライブ】

浅草橋オールディーズナイト実行委員会(3日12:00公会堂)

  • 問合せ先:小樽市文化祭実行委員会事務局(小樽市生涯学習課内)、電話:0134-32-4111(内線532)

小樽観光プロジェクト小樽観光ガイドツアー

  • とき:11月3日(日・祝)、受付13:00、開始13:30
  • ところ:運河プラザ3番庫(色内2丁目1‐20)

小樽の歴史や魅力を知る「おたる案内人」による無料のガイドツアーです。参加者には、小樽をより深く知ることのできるガイドブックをプレゼント。

また、小樽観光プロジェクトでは、同日17:00から2020年2月7日(金)まで、イルミネーションの点灯も行います。旧国鉄手宮線から運河プラザまでを白色イルミネーションで彩ります。小樽ゆき物語の青の運河と合わせて、お楽しみください。

  • 問合せ・申し込み先:小樽商工会議所青年部、電話:0134‐22‐1177

おたるスイーツフェスタ2019

  • とき:11月29日(金)〜12月1日(日)
  • ところ:ウイングベイ小樽5番街1階ネイチャーチャンバー(築港11-5)

小樽と後志地域の人気菓子店が集まります。毎年恒例のスイーツイベントに、小樽市が日本遺産に認定されたことを記念してパネル展とトークイベントも。「北前船と炭鉄港から見たスイーツの魅力」と題し、日本遺産パネルや関連するお菓子の販売のほか、29日(金)15:00からは、FMおたる公開生放送を兼ねたトークイベントが開催されます。

  • 問合せ先:otaruスイーツフェスタ実行委員会事務局(株式会社ホープ・ワン)、電話:0134-31-1311

奥沢水源地水管橋の一般開放について

  • とき:11月4日(月)まで10:00〜16:00
  • ところ:階段式溢流路(天神2丁目19)

階段式溢流路(いつりゅうろ)は、奥沢ダムと勝納川の水を放流するために、大正3年に造られた施設です。この階段の縁には、長い石と短い石が交互に組まれています。その隙間から流れ落ちる水がすだれ状になって見えることから「水すだれ」と呼ばれています。流れ落ちる水の清らかな音とともに、周囲を囲む深い木々の緑が爽やかな涼感を誘い、自然と調和した景観美が楽しめます。

 歴史的価値から、昭和60年に「近代水道百選」、平成20年には「土木学会選奨土木遺産」に選ばれました。

季節の情報

「文化の日」施設開放無料デー

以下の施設は、文化の日(11月3日(日・祝)に入館料が無料になります。この機会に小樽の歴史や文化に触れてみませんか?

  • 小樽市総合博物館本館
  • 小樽市総合博物館運河館
  • 手宮洞窟保存館(11月5日(火)から冬期休館)
  • 市立小樽文学館
  • 市立小樽美術館

天狗山ロープウエイの運行状況

夏期運行は、11月4日(月・振休)まで。冬期運行は、11月22日(金)からの予定です。

  • 問合せ先:おたる天狗山ロープウエイ、電話:0134-33-7381

おたる水族館の営業情報

通常営業は、11月24日(日)まで。冬期営業は、12月14日(土)からの予定です。

  • 問合せ先:おたる水族館、電話:0134-33-1400

オーンズスキー場11月22日(金)OPEN

11月22日(金)から2020年3月29日(日)までの営業予定です。

冬期通行止め

各観光施設等に至る道路は、次の期間通行止めになります。

※天候等の状況により、変更することもありますので御注意ください。

  • 最上から天狗山山頂に至る道路(市道天狗山観光線):11月6日(水)〜2020年4月16日(木)
  • 緑から旭展望台に至る道路(市道松山線):11月14日(木)〜2020年4月9日(木)※雪の状況により、変更になりました。
  • 朝里峠(道道小樽定山渓線):11月1日(金)〜2020年4月20日(月)19:00〜7:00

問合せ先:【市道】小樽市除雪対策本部事務局(小樽市建設部建設事業室維持課)、電話:0134-32-4111(内線578)

【道道】後志総合振興局小樽建設管理部事業課、電話:0134-54-7670

特別展・企画展等のお知らせ

日本銀行旧小樽支店金融資料館

「辰野金吾と日本銀行建築−同級生と協演のまち小樽−」

  • とき:11月15日(金)〜2020年2月18日(火)

明治・大正期に日本銀行本店や小樽支店のほか東京駅などを設計し、日本近代建築の礎を築いた辰野金吾の没後100年特別展。日本銀行本店や各地にある支店を設計するに至ったかを同級生の佐立七次郎、曽禰達蔵が建築と合わせて紹介します。

市立小樽図書館

たるばとブックフェスティバル

  • とき:11月3日(日・祝)10:00〜16:00

小樽市子どもの読書活動推進計画策定を記念して、館内で読書に関するお祭りが開催されます。

詳細は、市立小樽図書館のページ(外部サイト)を御覧ください。

小樽市総合博物館本館

  • 所在地:手宮1丁目3-6
  • 電話:0134-33-2523
  • 入館料:一般400円、市内在住70歳以上の方及び高校生200円、中学生以下無料。11月4日(月・振休)からは、一般300円、市内在住70歳以上の方及び高校生150円、中学生以下無料
  • 開館時間:9:30〜17:00
  • 休館日:火曜日(祝日の場合は翌平日)
  • 小樽市総合博物館のページを御覧ください。

企画展「ジオラマの魅力・畑めいの世界」

  • とき:10月12日(土)〜12月1日(日)まで

市内在住の世界大会で優勝経験を持つジオラマ作者・畑めい氏の世界観と作品を紹介します。

小樽市総合博物館運河館

トピック展「小樽のヒカリゴケとコケの世界」

  • とき:9月28日(土)〜2020年1月9日(木)

道端や山地で見られるコケと小樽のヒカリゴケを紹介します。

市立小樽文学館

  • 所在地:色内1丁目9-5
  • 電話:0134-32-2388
  • 入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料
  • 開館時間:9:30〜17:00(入館は、16:30まで)
  • 11月の休館日:5日(火)、6日(水)、11日(月)、18日(月)、25日(月)〜29日(金)
  • 市立小樽文学館のページを御覧ください。

特別展「没後50年伊藤整と北海道」

  • とき:10月5日(土)〜11月24日(日)

保管されている伊藤整の関連全資料を明らかにし、主立ったものを時系列に沿って展示します。

市立小樽美術館

  • 所在地:色内1丁目9-5
  • 電話:0134-34-0035
  • 観覧料:一般600円、高校生・市内高齢者300円、中学生以下無料
  • 開館時間:9:30〜17:00(入館は、16:30まで)
  • 11月の休館日:5日(火)、6日(水)、11日(月)、18日(月)、25日(月)、26日(火)
  • 市立小樽美術館のページを御覧ください。

特別展「小樽美術家の現在『風土』」

  • とき:10月26日(土)〜2020年1月12日(日)

「風土」をテーマに、小樽の海や山などの自然、植生、気候、歴史、伝統などから触発された美術品を展覧します。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.