おたる月間イベント情報5月号

小樽で行われるさまざまなイベントを詳しく紹介するページです。
小樽は春から秋にかけて大小あわせて15にも及ぶ神社などのお祭りが開かれるほか、四季を通じて盛りだくさんのイベントが開催されます。
最新情報は毎月末日ころ掲載の予定です。

御意見、御要望がございましたらお寄せください。

印刷用ページのダウンロードはこちら

最新号平成31年5月号(PDF362KB)

バックナンバー(前月PDF)は、こちらで御覧になれます。

 

第15回おたる春祭り

  • とき:5月24日(金)〜26(日)
  • ところ:花園銀座、サンモール一番街、都通り、堺町通り各商店街など市内中心部

おなじみの「食い倒れ大会」をメーンとして、今年も閉祭式で大抽選会を行います。8つの商店街を巡るスタンプラリーを初開催するほか、「小樽アニメパーティー」とのコラボ企画や「カラオケ大会」などさまざまなイベントを開催します。

  • 問合せ先:おたる春祭り実行委員会(おたる政寿司、白方)、電話:0134‐23‐0019(9:00〜17:00、水曜日を除く)

食い倒れ大会(お食べるトクトクきっぷ)

各営業時間内に、指定されたお店で飲食できます。閉祭式で豪華賞品が当たる大抽選会を行います。

  • チケット:2,500円(税込)
  • 前売り券販売場所:新映堂(花園銀座)、澤の露(花園銀座)、ミレット(公園通り)
  • チケット交換場所、当日券販売場所:花園銀座メーンステージ横(売店内)
  • チケットの内容:寿司1店+麺類、焼肉、スイーツなどから2店の計3店

商店街おいしい祭り

地ビールを片手におたる政寿司まかないカレーなどを堪能できます。

  • とき:24日(金)16:00から、25日(土)、26日(日)13:00から
  • ところ:花園銀座

小樽アニメパーティーコラボイベント

都通り商店街特設会場にてビンゴ大会・トークショー・ガラポンを開催。

  • とき:25日(土)、26日(日)11:00〜17:00
  • ところ:都通り商店街特設会場(アニメニクス斜め向かい)

OTARU Golden Week VILLAGE

  • とき:5月1日(水・祝)〜5日(日・祝)11:00〜17:00(飲食は19:00まで)
  • ところ:小樽芸術村(色内1丁目3)

小樽芸術村の中庭でフード、ショップ、ステージ、ワークショップなどさまざまな出店やイベントが催されます。毎日内容が変わる出店やライブなどを、歴史的建造物を眺めながら心豊かに楽しんでみませんか。

ステージ

  • 1日(水・祝)
    • 菁園中学校ブラスバンド
    • Notes of North(アイリッシュバンド)
  • 2日(木・休)
    • 岩澤孝子(タイ舞踊「傘の舞」・「花輪の舞」)
    • 山木将平(アコースティックギター)
  • 3日(金・祝)
    • Urso da Floresta(サンバ)
    • 若本香織(ボサノヴァ)
  • 4日(土・祝)
    • 松橋めぐむ(ウクレレと歌)
    • beat sunset(スカバンド)
  • 5日(日・祝)
    • COPA DOIS(ボサノヴァ)
    • Pamas Fields Noise Found art(オルタナティブロックバンド)

キッズ・ワークショップ

  • 絵本の読み聞かせ「たるBOOK」:無料
  • 自然であそぼ♪アートを楽しもう(おたる自然の村):無料、有料あり
  • キラキラアクセサリー、サンキャッチャー、キーホルダー作り(小樽芸術村):500円

など

本田拓磨フットサル教室

  • とき:各日11:00〜、15:00〜(所要時間45分)
  • 料金:500円

5〜10歳対象、先着20名(開始10分前から整理券を中庭にて配布)

ゴールデンウィークの情報

天狗山GWイベント

  • とき:5月1日(水・祝)特別運行4:00〜7:00、通常運行9:24〜21:00
  • ところ:天狗山ロープウエイ(最上2丁目16-15)
  • 料金:往復料金大人1,200円、小人600円

1日(水・祝)にロープウエイの早朝(4:00〜7:00)特別運行実施!特別運行乗車のお客様にはオリジナル絵馬もプレゼント。また、1日(水・祝)〜6日(月・振休)の期間中、ロープウエイチケット購入者先着5,000名様に改元記念の限定ポストカードの配布があります。

ゆるたべライブinおたる2019

  • とき:5月4日(土・祝)10:00〜15:30、5日(日・祝)10:00〜16:00
  • ところ:ウイングベイ小樽5番街1階ネイチャーチャンバー(築港11)

今年も道内外からご当地キャラクターが小樽に大集合します。ステージのほかグルメブースやグッズ販売ブースなど、コンテンツが盛りだくさんで、子供から大人まで楽しめます。4日(土・祝)には「ゆるたべ音がっぱ会」(前売3,000円、当日3,500円)が3階ヲタル座で行われます。

祝令和元年「ゴールデンウィークはトロッコに乗ろう!」

  • とき:5月3日(金・祝)〜6日(月・振休)10:00〜17:00
  • ところ:旧国鉄手宮線(色内2丁目(小樽駅前中央通り〜小樽港稲穂線))
  • 体験料:小学生以上500円(5日(日・祝)は小学生無料)

旧国鉄手宮線の線路でトロッコに乗ることができるゴールデンウィーク恒例のイベントです。

  • 問合せ先:NPO法人北海道鉄道文化保存会、電話:0134‐61‐7777

こどもの日のお得な情報

5月5日(日・祝)のこどもの日には、料金がお得になる施設があります。

  • 高校生、中学生、小学生が入館無料になる施設
    • 市立小樽文学館
    • 市立小樽美術館
    • 小樽市総合博物館本館
    • 小樽市総合博物館運河館
    • 手宮洞窟保存館
  • 小学生以下が入館・乗船無料になる施設
    • おたる水族館
    • 小樽運河クルーズ(大人1名につき小学生2名まで無料、4日(土・祝)〜6日(月・祝))
    • 小樽港マリーナ(大人1名につき小学生2名まで無料)
    • 海上観光船「あおばと」「屋形船」(大人1名につき小学生2名まで無料)

なえぼ公園夜桜ライトアップ

  • とき:5月3日(金・祝)〜5日(日・祝)18:30〜20:00(屋台は9:30から)
  • ところ:長橋なえぼ公園(幸1丁目53)

地元の子どもたちが桜をテーマに作成した約100個の「あんどん」「カンテラ」が登場します。カンテラは、公園内の道をゆらゆら照らし、あんどんは、ほのかな灯を放ち、昼とは違った幻想的な桜を楽しめます。また、9:30から開店する飲食屋台のほかスタンプラリーや野外上映も予定しています。

  • 問合せ先:なえぼ公園から始まる、人づくり街づくり実行委員会、電話:090-7514‐1802(枝久保)

てみや春うたライブ

  • とき:5月11日(土)14:00から、12日(日)11:00から(両日とも19:00終了予定)
  • ところ:小樽稲荷神社境内(末広町38‐1)

桜の名所である手宮公園近くの小樽稲荷神社境内にかがり火を焚いて、ほのかに照らされた神社の幻想的な雰囲気の中、アコースティック系を中心としたライブステージが行われます。子どもたちが楽しめる縁日や軽食販売もあります。

  • 問合せ先:てみや春うたライブ実行委員会、電話:090-7514‐0995(佐々木)

第14回牡丹・芍薬まつり

  • とき:5月25日(土)〜6月30日(日)
  • ところ:にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸)国登録有形文化財(祝津3丁目63)

約730株の”牡丹”と”芍薬”の花が庭園内を彩ります。着物で来館された方には、旧青山別邸の入館料無料の特典があります。

〜桜の見どころ〜

手宮公園(手宮2丁目)

エゾヤマザクラやソメイヨシノなどが約700本咲きます。自然林としては北限といわれるクリ林や「緑化植物園」があり、散策やハイキングの場として市民に親しまれています。

  • 駐車場:40台(小樽ICから車で約15分)
  • アクセス:中央バス「手宮ターミナル」下車後徒歩約10分

長橋なえぼ公園(幸1丁目53)

エゾヤマザクラが約3,000本咲きます。四季を通じて小樽の自然に触れることのできる森林公園で、野鳥が多く、天然記念物のクマゲラに出会うことも珍しくありません。情報センター「森の自然館」が園内にあります。

  • 駐車場:40台(小樽ICから車で約20分)
  • アクセス:中央バス「苗穂通」下車後徒歩約10分

小樽公園(花園5丁目)

桜のほかにも、市の花に指定されているツツジが多く咲くことで知られる公園。エゾヤマザクラやソメイヨシノなどが約900本咲きます。

  • 駐車場:25台(小樽ICから車で約10分)
  • アクセス:JR小樽駅から徒歩約15分/中央バス「花園公園通」下車後徒歩約5分

※この他の桜の見どころをまとめた「おたるさくらまっぷ」を観光案内所等で配布していますので、そちらも御覧ください。

https://www.city.otaru.lg.jp/kankou/osusume/sakura/

奥沢水源地水管橋の一般開放について

  • とき:4月27日(土)〜11月4日(月)10:00〜16:00
  • ところ:階段式溢流路(天神2丁目19)

階段式溢流路(いつりゅうろ)は、奥沢ダムと勝納川の水を放流するために、大正3年に造られた施設です。この階段の縁には、長い石と短い石が交互に組まれています。その隙間から流れ落ちる水がすだれ状になって見えることから「水すだれ」と呼ばれています。流れ落ちる水の清らかな音とともに、周囲を囲む深い木々の緑が爽やかな涼感を誘い、自然と調和した景観美が楽しめます。

 歴史的価値から、昭和60年に「近代水道百選」、平成20年には「土木学会選奨土木遺産」に選ばれました。

小樽の物産と観光フェアのお知らせ

小樽市と札幌市の経済交流を目的として、年に5回程度開催します。5月は以下の日程で開催します。

  • とき:5月9日(木)〜14日(日)
  • ところ:イオンモール札幌苗穂店(札幌市東区東苗穂2条3丁目1-1)

特別展・企画展等のお知らせ

小樽市総合博物館本館

  • 所在地:手宮1丁目3-6
  • 電話:0134-33-2523
  • 入館料:(冬期料金)一般300円、市内在住70歳以上の方及び高校生150円、中学生以下無料
  • 開館時間:9:30〜17:00
  • 休館日:火曜日(祝日の場合は翌平日)
  • 小樽市総合博物館のページを御覧ください。

企画展「石のまち小樽の軌跡ー石造建築物が語る軟石の文化」

  • とき:6月23日(日)まで

小樽市内の景観にとって重要な要素である石造建築物と、その石材として使用されている軟石の特徴や採石の歴史について紹介します。

蒸気機関車アイアンホース号運行

  • とき:10月20日(日)まで※整備点検のため運休の日もあり
  • ところ:小樽市総合博物館本館(手宮1丁目3-6)
  • 入館料:一般400円(冬期300円)、市内在住70歳以上の方及び高校生200円(冬期150円)、中学生以下無料※4月26日(金)までは冬期料金になります。

整備・点検のため運休日あり、故障発生時などは臨時運休することがあります。

  • 問合せ先:小樽市総合博物館本館、電話:0134-33-2523

小樽市総合博物館運河館

トピック展「星コレクションー北鉄路の記憶・平成編ー」

  • とき:6月27日(木)まで

市内在住の鉄道史研究家である星良助氏が北海道内で撮影した貴重な鉄道写真の中から、今回は平成をテーマにしたものを紹介します。

市立小樽文学館

  • 所在地:色内1丁目9-5
  • 電話:0134-32-2388
  • 入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料
  • 開館時間:9:30〜17:00(入館は、16:30まで)
  • 5月の休館日:7日(火)〜10日(金)、13日(月)、20日(月)〜24日(金)、27日(月)
  • 市立小樽文学館のページを御覧ください。

企画展「ちまちまキネマ・ワールドー高山美香のビックリ映画館」

  • とき:5月19日(日)まで

ちまちま人形作家高山美香さんの創り出した映画のちまちまスター40人を展示。

企画展「石原慎太郎「十代のエスキース」展」

  • とき:5月25日(土)〜6月30日(日)

小樽とゆかりの深い小説家石原慎太郎氏が十代に書いたエスキース(絵画下絵)と20代初めの著書、創作関連資料などを展示。

市立小樽美術館

  • 所在地:色内1丁目9-5
  • 電話:0134-34-0035
  • 観覧料:一般600円、高校生・市内高齢者300円、中学生以下無料
  • 開館時間:9:30〜17:00(入館は、16:30まで)
  • 5月の休館日:7日(月)〜10日(金)、13日(月)、20日(月)、27日(月)(14日(火)〜17日(金)は、1、3階のみ開館)
  • 市立小樽美術館のページを御覧ください。

40周年特別展「鈴木吾郎と新鋭作家展」

  • とき:5月18日(土)〜7月15日(月・祝)

彫刻家・鈴木吾郎と時をともにして美術を学び、小樽潮陵高校白潮会に所属した美術家たちの現在を俯瞰するグループ展。

特別展アーティストトーク「鈴木吾郎先生との思い出/自作を語る」

  • とき:5月18日(土)10:00〜11:00
  • ところ:美術館2階企画展示室
  • 出演:鈴木吾郎氏、秋山一郎氏、大原央聡氏、平埜佐絵子、藤枝由美子
  • 料金:観覧料のみ

特別展関連事業ジャズライブ野瀬栄進ピアノソロ

  • とき:5月25日(土)14:00〜15:00
  • ところ:美術館2階企画展示室
  • 出演:野瀬栄進氏(ピアニスト・作曲家)
  • 料金:観覧料のみ

市立小樽図書館

行事「どこコレ?−おしえてください昭和のオタル−」

  • とき:4月27日(土)〜5月30日(木)

昭和30〜40年頃の小樽の街並みなど写真を展示。皆さんの写真についての情報や思い出を付箋に書き、会場内のボードにはってください。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.