小樽雪あかりの路

浮き玉キャンドル平成11年2月に市民有志により始まった「小樽雪あかりの路」は、キャンドルの灯火が古い街並みを優しく照らす幻想的なイベントです。夕暮れ時から辺りが真っ暗になる時間まで、空の色や天候によって雰囲気をかもし出すため、毎日違った表情を楽しめます。

運河会場、手宮線会場、朝里川温泉会場をメーン会場に開催され、運河の水面で瞬く古い漁具をモチーフにした浮き玉キャンドル、柔らかな光がともるスノーキャンドル、オブジェなど、多くがボランティアの手作業によるものです。準メーン会場である天狗山会場や小樽芸術村でも、ろうそくの温かなあかりが来場者をもてなします。また、運河プラザなど市内約40か所があかりの路会場となり、小樽市全体がろうそくのあかりに包まれます。

各会場を回ってのスタンプラリーなどもありますので、さまざまな雪あかりをお楽しみください。

第20回小樽雪あかりの路概要

  • 開催日時

平成30年2月9日(金)〜18日(日)午後5時〜午後9時

※夜のイベントですので、暖かい服装でお越しください。

第20回小樽雪あかりの路は、終了しました。

 

  • 開催場所

小樽運河、旧国鉄手宮線、朝里川温泉、天狗山、小樽芸術村など市内全域

※駐車場を用意しておりませんので、公共交通機関を御利用ください。

 

  • (参考)来場者数

第19回:51万8千人、第18回:54万4千人、第17回:49万6千人

 

運河会場 メッセージキャンドル 朝里川温泉会場 ワックスボウル 天狗山会場 ワックスボックス 手宮線会場

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.