北海道広域で観光客などの人の流れをIoTで可視化する実証を開始

一般社団法人小樽観光協会及び富士通株式会社は、「2019年度北海道小樽・ニセコ・積丹等広域エリアにおけるWi-Fiパケットセンサーによる人流動可視化共同実証」における人流動の把握を目的に、Wi-Fiパケットセンサーによる人流動観測調査を実施します。

  • 実証実験の期間:令和元年12月10日(火)〜令和2年3月10日(火)
  • 実証実験の場所:小樽市、余市町、倶知安町、岩内町、ニセコ町、積丹町、神恵内村、札幌駅周辺、新千歳空港内
  • 実証内容
    • 観光客の流れをリアルタイムに計測
    • 収集データを可視化し分析

詳細については、以下のサイトを御覧ください。

■実証概要(富士通プレスリリース)

https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/12/10.html(外部サイト)

■プライバシーポリシー(富士通公式サイト)

https://www.fujitsu.com/jp/about/resources/privacy/20191210/(外部サイト)

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.