桜・朝里地区


早くから土地区画整理事業により、良好な住宅地として発展し、

近年は望洋パークタウンの大規模開発などにより、朝里川を挟む丘陵沿いに住宅地が広がっています。

海水浴場、朝里川温泉、スキー場、オタルナイ湖などにより、レクリエーションやリゾート地のための整備がすすみ、

また、国道5号沿いには郊外型物販店が増えています。

 

  桜・朝里地区の地図

 

張碓トンネルからの小樽港

  張碓トンネルからの小樽港

 

小樽港と市街地が見え、市民には、小樽へ帰ってきたことを実感させる風景で、特に美しい夜景は

街のあかりが心をなごませる。

銀鱗荘と平磯岬

  銀鱗荘と平磯岬

 

鰊御殿のある岬が小樽港と中心市街地へのゲートとなり、ランドマークとして、市民にも親しまれて

いる。

桜ロータリーと熊碓神社

  桜ロータリーと熊碓神社

 

神社から望むと坂道の先にロータリーが見渡せ、高速道路越しに平磯岬と海が望める。

望洋台から望む朝里のまちと海

  望洋台から望む朝里のまちと海

 

毛無山の尾根に広がるニュータウンから、新光・朝里の市街地と海が望める。

朝里川温泉郷とスキー場

  朝里川温泉郷とスキー場

 

スキー場も間近にある市内唯一の温泉街は、山と川に囲まれた四季折々の自然を満喫できる。

オタルナイ湖とループ橋

  オタルナイ湖とループ橋

 

山あいとダムの空間を巡るループ橋はダイナミックなパノラマが楽しめ、水面に山並みが揺れる

湖が美しい。

紅葉の朝里峠

  紅葉の朝里峠

 

曲がりくねった道路から山並みの変化が楽しめ、特に山が赤く染まる紅葉時期は美しい。

毛無山からの雄大な眺望

  毛無山からの雄大な眺望

 

標高約548mの毛無山にある展望所からは、小樽の中心部や朝里方面の眺望が楽しめ、夜景

も美しい。

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.