令和元年度【全期】小樽市観光入込客数の概要

(令和2年6月2日発表)

令和元年度の観光入込客数は、699万1,800人で対前年度比82万2,400人減の89.5%となり、平成25年度以降700万人以上の入込が続いていましたが、7年ぶりに下回りました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2月の入込客数は対前年度比29万5,900人減の63.7%、3月は43万100人減の29.0%と大幅に落ち込みました。
道外・道内客数は、新型コロナウイルス感染拡大のほか、GW10連休後の反動、しゃこ祭の中止や雪あかりの路の期間短縮などの影響もあり、対前年度比で道外客数は94.6%、道内客数は85.9%とともに減少しました。
宿泊客数は、宿泊施設の増加があったものの、2月以降の減少が響き対前年度比で98.8%の79万1,700人となりました。また、外国人宿泊客数については、対前年度比で86.4%の20万830人となり8年ぶりに減少しました。国別の宿泊者数では、日韓関係悪化の影響により韓国が対前年度比47.0%と大きく減少した一方で、札幌で開催されたラグビーW杯の影響等によりオーストラリアをはじめ欧米豪州諸国の宿泊者数が増加しました。

 

1観光入込客数

(100人未満四捨五入)

区分

平成30年度

令和元年度 対前年度増減 対前年度比

上期

395万4,900人

396万9,700人

1万4,800人

100.4%

下期 385万9,300人 302万2,100人 ▲83万7,200人 78.3%
全期 781万4,200人 699万1,800人 ▲82万2,400人 89.5%

 

2道外・道内客数

(100人未満四捨五入)

区分 平成30年度

令和元年度

対前年度増減 対前年度比
上期

道外客数

174万2,600人

183万5,600人

9万3,000人

105.3%

道内客数

221万2,300人

213万4,100人

▲7万8,200人

96.5%
下期 道外客数 142万9,600人 116万6,600人 ▲26万3,000人 81.6%
道内客数 242万9,700人 185万5,500人 ▲57万4,200人 76.4%
全期 道外客数 317万2,200人 300万2,200人 ▲17万人 94.6%
道内客数 464万2,000人 398万9,600人 ▲65万2,400人 85.9%

  

3宿泊・日帰り客数

(100人未満四捨五入)

区分 平成30年度 令和元年度 対前年度増減 対前年度比
上期

日帰り客数

353万4,900人

350万6,900人

▲2万8,000人

99.2%

宿泊客数

42万人

46万2,800人

4万2,800人

110.2%

宿泊客延数

49万2,400人

53万7,700人

4万5,300人

109.2%
下期 日帰り客数 347万8,000人 269万3,200人 ▲78万4,800人 77.4%
宿泊客数 38万1,300人 32万8,900人 ▲5万2,400人 86.3%
宿泊客延数 46万4,700人 40万5,700人 ▲5万9,000人 87.3%
全期 日帰り客数 701万2,900人 620万100人 ▲81万2,800人 88.4%
宿泊客数 80万1,300人 79万1,700人 ▲9,600人 98.8%
宿泊客延数 95万7,100人 94万3,400人 ▲1万3,700人 98.6%

 

4修学旅行宿泊客数

修学旅行宿泊客数

区分

平成30年度

令和元年度 対前年度増減 対前年度比
上期

修旅宿泊客数

7,448人

6,058人

▲1,390人 81.3%

修旅宿泊学校数

93校

88校

▲5校

94.6%
下期 修旅宿泊客数 4,027人 3,881人

▲146人

96.4%
修旅宿泊学校数 33校 29校 ▲4校 87.9%
全期 修旅宿泊客数 1万1,475人 9,939人 ▲1,536人 86.6%
修旅宿泊学校数 126校 117校 ▲9校 92.9%

 

5外国人宿泊客数

外国人宿泊客数

区分 平成30年度 令和元年度 対前年度増減 対前年度比
上期

外国人宿泊客数

9万636人

9万2,673人

2,037人

102.2%

外国人宿泊客延数

11万1,062人

12万2,011人

1万949人

109.9%
下期 外国人宿泊客数 14万1,917人 10万8,157人 ▲3万3,760人 76.2%
外国人宿泊客延数 18万3,804人 14万5,009人 ▲3万8,795人 78.9%
全期 外国人宿泊客数 23万2,553人 20万830人 ▲3万1,723人 86.4%
外国人宿泊客延数 29万4,866人 26万7,020人 ▲2万7,846人

90.6%

 

【参考・元年度宿泊客数トップ10の過去5年間の推移】

区分 R1 H30 H29 H28 H27
人数 前年比 人数 前年比 人数 前年比 人数 前年比 人数 前年比 人数 前年比
1位中国 宿泊人数 50,646 91.2% 55,515 105.8% 52,460 118.7% 44,208 121.2% 36,482 134.3%
宿泊延数 66,704 94.3% 70,723 113.0% 62,592 126.7% 49,418 123.3% 40,073 132.1%
2位香港 宿泊人数 28,706 90.7% 31,636 97.3% 32,520 122.9% 26,470 153.1% 17,288 118.4%
宿泊延数 39,610 96.6% 40,991 103.1% 39,744 135.4% 29,350 142.8% 20,553 117.8%
3位台湾 宿泊人数 28,139 104.5% 26,934 100.3% 26,851 111.5% 24,075 127.1% 18,947 112.9%
宿泊延数 37,240 113.5% 32,808 104.6% 31,364

121.7%

25,764 127.8% 20,162 114.8%
4位韓国 宿泊人数 25,782 47.0% 54,847 118.3% 46,380 173.4% 26,742 161.2% 16,594 143.6%
宿泊延数 33,069 49.8% 66,405 126.0% 52,714 182.2% 28,937 153.5% 18,847 137.2%
5位タイ 宿泊人数 17,784 91.5% 19,437 148.9% 13,055 89.5% 14,587 95.1% 15,338 127.2%
宿泊延数 22,870 97.9% 23,361 155.5% 15,021 95.7% 15,700 96.3% 16,296 128.1%
6位シンガポール 宿泊人数 13,956 106.2% 13,146 106.8% 12,304 104.7% 11,753 129.6% 9,067 141.0%
宿泊延数 18,401 110.2% 16,700 114.2% 14,619 108.0% 13,537 128.9% 10,498 135.8%
7位マレーシア 宿泊人数 7,905 94.1% 8,398 116.9% 7,186 89.2% 8,058 166.4% 4,842 262.9%
宿泊延数 10,771 102.1% 10,554 122.8% 8,592 94.4% 9,103 160.8% 5,660 271.6%
8位アメリカ 宿泊人数 6,981 118.5% 5,891 175.9% 3,350 94.4% 3,549 169.1% 2,099 128.4%
宿泊延数 9,524 108.2% 8,800 196.9% 4,469 95.2% 4,696 152.8% 3,073 140.4%
9位オーストラリア 宿泊人数 4,593 147.3% 3,119 115.7% 2,695 117.8% 2,288 119.2% 1,919 148.1%
宿泊延数 6,265 128.6% 4,872 116.6% 4,178 100.4% 4,160 126.7% 3,284 161.3%
10位インドネシア 宿泊人数 1,761 91.1% 1,934 169.8% 1,139 154.3% 738 84.1% 878 184.1%
宿泊延数 2,265 102.5% 2,210 170.0% 1,300 148.6% 875 85.3% 1,026 192.1%

  

6海水浴客数(上期で発表済み)

海水浴客数

区分 平成30年度 令和元年度 対前年度増減 対前年度比
海水浴客 14万100人 14万6,000人 5,900人 104.2%

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.