祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

小樽市防災行政無線について

 市では、地震・津波などの災害情報を、迅速かつより多くの市民の皆さんに一斉に知らせるため、令和2年4月から同報系防災行政無線の運用を開始します。

同報系防災行政無線について

 本市の同報系防災行政無線は、市役所から災害情報を電波(MCA無線)で発信し、屋外拡声子局(おくがいかくせいこきょく)で受信して放送する仕組みになっています。

屋外拡声子局について

 屋外拡声子局は、高さ約15mの鋼管柱に屋外用スピーカーや無線装置を装備したもので、気象条件等にもよりますが、その音声は400m前後の距離まで届きます。また、蓄電池(バッテリー)を備えているので、停電時にも放送することができます。

 なお、屋外拡声子局は、市内沿岸地域の13箇所(令和2年3月末時点)に設置しています。

 これは、北海道が公表した「平成28年度北海道地震被害想定調査結果」によると、想定される最大規模の地震が発生した場合、市内の一番早い地域では地震発生から約20分で津波が到達するとされており、津波からの素早い避難が必要となるためです。

防災行政無線設置箇所(令和元年度分)
  • 蘭島海水浴場(市界付近)
  • 蘭島駅前公園
  • 忍路漁港付近
  • 桃内町内会館
  • 塩谷1丁目26番付近
  • 塩谷1丁目32番付近
  • 「祝津」バス停付近
  • 旧祝津小学校
  • 祝津うみねこ公園
  • 「豊井」バス停付近
  • 消防署高島支所
  • 高島中継ポンプ場
  • 総合博物館本館

放送内容について

 本市の防災行政無線では、次のような内容を放送する予定としています。

 また、本市は外国人観光客の方も多いことから、英語・中国語・韓国語・ロシア語の4か国語で放送できる機能も備えています。

 なお、町会の防災訓練などで防災行政無線の利用を希望する場合は、災害対策室にご相談ください。

 ■緊急地震速報

 ■津波注意報、津波警報、大津波警報

 ■避難情報(避難勧告など)

 ■国民保護情報(弾道ミサイル攻撃、テロ攻撃など)

 ■災害に関する重要な情報(避難所開設情報、ライフライン情報など)

放送が聞こえなかったときは

 防災行政無線は屋外での放送であり、気象条件や建物の気密性などによって、聞き取りにくい場合があります。

 このような場合、次の方法で放送内容を確認していただくことができます。

電話自動応答装置

 専用の電話番号(0134-27-1199)に電話をかけていただくことで、放送内容を聞くことができます。

 なお、通話料は利用者負担になります。

緊急速報メール

 市では、NTTdocomo・KDDI(au)・ソフトバンクが提供する緊急速報メールにより災害情報の配信を行っており、避難勧告などの緊急性が高い情報については、緊急速報メールでも放送内容を配信します。

 ※緊急速報メールについて、くわしくはこちらから

登録制メール

 登録していただいた皆様に緊急性のある防災情報等を、メールで配信するシステムを導入しております。

 登録を希望される方は以下をクリックし、次のページへお進みください。

 こちらから

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.