小樽ゆき物語

星置川洪水浸水想定区域図

浸水想定区域図ダウンロード

雨の強さと降り方

雨の強さと降り方
雨の降り方

1時間に80mmの猛烈な雨
大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

 

1時間に50mmから80mmの非常に激しい雨
傘は全く役に立たなくなる。車の運転は危険。土石流など多くの災害が発生する。

1時間に30mmから50mmの激しい雨道路が川のようになる。山崩れやがけ崩れが起こりやすくなる。

 

1時間に20mmから30mmの強い雨

車はワイパーを早くしても見づらくなる。側溝や下水、小さな川があふれる。

 

1時間に10mmから20mmのやや強い雨

地面一面に水たまりができる。長く続くときは注意が必要。

 

危険度 危険度の大きさ

 

星置川の水位と取るべき避難行動

 
水位の名称

氾濫注意水位

避難判断水位

氾濫危険水位

(氾濫発生)

水位(m) 6.29 6.46 6.75
避難情報

避難準備・高齢者等

避難開始

避難勧告 避難指示(緊急)
とるべき行動 氾濫に注意して、今後の気象情報などを確認する段階です 避難の準備を始めるとともに、高齢者や乳幼児などの避難に時間のかかる方は避難を始めるべき段階です 氾濫の危険が高まり、安全な避難のために速やかに避難を始めるべき段階です

氾濫がいつ起きてもおかしくない、もしくは既に氾濫が起きており、直ちに避難すべき段階です。

なお、避難が遅れてしまった場合は無理に外出せず、建物の上の階に身を寄せるなど、いのちを守る行動をとります

 

避難情報の伝達方法

避難情報は、小樽市災害対策本部(小樽市役所)から、テレビ・ラジオ、緊急速報メール、広報車、消防団員などを通じて、市民のみなさんへ伝達します。

避難時の注意点

■避難する前に、周囲の状況を確認しましょう。家の周りが浸水している場合や夜間には無理に避難せず、頑丈な建物や自宅の高い階で救助を待ったほうが安全な場合もあります。

■動きやすい服装で避難しましょう。荷物はリュックに入れて手は空けておき、長靴よりは履き慣れた運動靴で避難しましょう。

■冠水している道は足もとがよく見えないため、できるだけ通らないようにしましょう。マンホールや側溝のふたが外れている可能性もあるので、やむを得ず冠水している道を通るときは、棒などで足もとを確認しながら歩きましょう。

■川や用水路を見に行くことは絶対にやめましょう。

災害情報

下記のホームページから、災害情報を確認することができます。

防災気象情報

気象庁 http://www.jma.go.jp/jma/index.html(外部サイト)
防災気象情報 札幌管区気象台 http://www.jma-net.go.jp/sapporo/(外部サイト)

河川情報

国土交通省川の防災情報

http://www.river.go.jp/(外部サイト)

防災情報

北海道防災情報 http://www2.bousai-hokkaido.jp/pc/(外部サイト)

 

その他の防災情報は「警報・注意報地震・津波情報(関係機関へのリンク:外部サイト)」のページをご覧ください。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.