青の運河

防災訓練、防災講演など

 災害対策室では、市民のみなさんのご都合に合わせ、防災訓練や防災講演などのお手伝いをさせていただいております。

お気軽にご相談ください。

桜町中学校で防災講話を実施しました(令和3年1月6日)

 令和3年1月6日(水)に、桜町中学校で防災講話を行いました。

 この講話は、過去の自然災害を教訓として、日常生活を振り返り、地域の防災活動や災害時の支援活動について学習し、適切な役割を自ら判断し行動できる生徒の育成を目的として、全校生徒(約210名)に対して放送室から各教室へのライブ放映で行われました。

 

防災講話の様子ライブ放映中の教室の様子

 

 

北海道勤労者医療協会小樽診療所での防災講話(令和2年11月10日)

 令和2年11月10日(火)に、北海道勤労者医療協会小樽診療所で防災講話を行いました。

 この講話は、北海道勤労者医療協会小樽診療所及びおたる健康友の会からの依頼を受けて実施したもので、北海道勤労者医療協会小樽診療所職員及びおたる健康友の会の会員の皆さんの自然災害全般に関する意識の高揚を図るとともに、特に大規模災害発生時における避難所の開設・運営について理解を深め、安心して住み続けられるまちづくりを考えるうえで必要な災害対処の知識を得ることを目的として開催され、8名の参加がありました。

 

防災講話の様子

 

 

令和2年度避難所運営訓練を実施しました(令和2年11月4日)

 令和2年11月4日(水)に、桃内町内会館で避難所運営訓練を行いました。

 この訓練は、市職員と住民が協働して、感染症対策に配慮した避難所の運営手法の習得を目的として実施され、当日の訓練には塩谷桃内連合町会6名、市職員17名の計23名が参加しました。

 大規模地震による津波の発生を想定して、防災行政無線から避難指示の放送を流し、参加者に迅速な避難行動をしてもらったほか、感染症対策に配慮した避難所の受付方法やレイアウトについての説明、避難所生活を想定した段ボールベッドの組立、情報収集、食料配布等の訓練を行いました。

 

防災行政無線による避難指示の放送の様子検温・受付方法の説明の様子

 

 

段ボールベッドの組立の様子簡易トイレの使用方法の説明の様子

 

令和2年度避難所運営訓練(1回目)の景況(2.65MB)

 

 

西陵中学校で防災講話を実施しました(令和2年9月15日)

 令和2年9月15日(火)に、西陵中学校で防災講話を行いました。

 この講話は、生徒の皆さんへ日頃から災害に備える意識を高めてもらうとともに、特に土砂災害発生時において、学校からの避難場所や避難経路などを覚えていただくことを目的として開催され、全校生徒(約180名)及び教職員が参加しました。

 

 

防災講話の様子防災講話を聴いている様子

 

令和2年度小樽市総合防災訓練を実施しました(令和2年8月28日)

 令和2年8月28日(金)、勝納ふ頭で小樽市総合防災訓練を行いました。

 この訓練は、大規模災害に対する各関係機関相互の協力体制の強化や防災技術の向上、市民の防災意識の普及を図ることを目的に毎年実施しているものです。今回は、北海道留萌沖を震源とする地震が発生し、小樽市で震度6強を記録したとの想定の下、16機関198人が訓練に参加しました。

 海上漂流者や負傷者の救助・搬送、消防隊による放水のほか、地震によって途絶えたライフラインの復旧作業など、大規模の災害に備えた訓練を行いました。

 

災害対策本部船舶火災消火訓練

避難所開設訓練を実施しました(令和元年11月2日)

 令和元年11月2日(土)、小樽市教育委員会庁舎体育館で避難所開設訓練を行いました。

 この訓練は、留萌沖を震源とするマグニチュード゙7.8の地震が発生し、小樽市は震度6弱を観測したという想定で、各担当職員が地震発生直後の住民避難から指定避難所開設までの行動手順などについて、再確認を目的として実施され、当日の訓練には地域住民約20名を含めた約110人が参加しました。

 避難所開設職員が建物の安全を確認した後、外で待機していた避難者を避難所内に誘導し、施設管理関係職員と協力して受付を行い、その後、住民班が到着してから地域住民の方々と協力してブルーシートを広げ、避難所内での居住スペースの確保や、毛布や非常食の配布を行うなど、地域住民の方々も一緒に参加する訓練となりました。

 また、避難所に備蓄しているダンボールベッドや保存食などの備蓄品を会場内に展示して、訓練参加のみなさんに見ていただきました。

 この訓練を通して得た経験や課題を、今後の防災業務につなげていきたいと考えています。

 

避難所へ集まる住民避難住民の受付

ブルーシートによる居住スペースづくり備蓄品の配布

訓練講評避難所配備資機材

北陵中学校で地震想定の防災教室がありました(令和元年10月7日)

桃内町内会津波避難訓練がありました(令和元年10月6日)

 10月6日(日)に、桃内町内会で津波避難訓練(主催:桃内町内会)が開催されました。

 避難訓練開始直後はあいにくの小雨でしたが、地域住民、関係機関合わせて90名の参加がありました。

 桃内地区に10メートルの津波が来たと想定した訓練で、車椅子を使用したり、介助が必要な方には介助者が付き添いながら高台へ

避難するなど、実践的な訓練となりました。

車椅子を使用した高台への避難の様子徒歩での高台への避難の様子高台の避難所から下る様子桃内町内会館内での訓練の反省会の様子 

 

防災宿泊体験会がありました(令和元年9月28日)

 9月28日(土)から9月29日(日)にかけて、入船六三町会で防災宿泊体験会(主催:入船六三町会)が開催されました。

 地域住民の方々が参加し、行事の一環として、アルファ化米や非常用クラッカーの試食会、避難所運営ゲーム(HUG)を体験しました。

 参加者の方からは、「実際に体験してみて分った事が多く、良かった」などの感想がありました。

入船六三町会会長ご挨拶避難所運営ゲームの様子

 

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.