紅葉の小樽運河

犬猫を飼うときに気をつけること

犬の飼い方について

犬の飼い方のルールについて

 犬の飼い主が守らなくてはいけないルールが、「狂犬病予防法」と「小樽市畜犬取締り及び野犬掃とう条例」において次のように定められています。

1. 飼い主は、生後91日以上の犬に生涯1回の登録と年1回の狂犬病予防注射を受けさせなくてはなりません。また、その際交付される鑑札と注射済票は、犬に装着しなければなりません。また、登録事項に変更があったり、犬が死んだときには保健所に届出が必要です。

2. 放し飼いは絶対にしてはいけません。散歩は必ず引き綱を付けて、犬を制御できる人が行いましょう。

3. 飼育場所ではおり飼いにするか2メートル以内の丈夫な鎖などでつなぎ、通行する人と接触しないようにしましょう。

4. 犬が人等に危害を加えたときは、保健所に届出が必要です。

5. 飼育場所の内外を常に清潔にしておきましょう。

6. 道路、公園などの公共施設を汚さないように、犬の排せつ物は飼い主が責任を持って処理しましょう。

7. 飼育場所付近で見やすい場所に犬がいる旨の表示をしましょう。

散歩中に排せつさせないしつけについて

 犬の排せつ物の後始末が不十分で不潔であるとの苦情を解消するための「しつけ」の紹介です。

トイレのしつけ

 自宅の敷地内で排便、排尿をさせ、散歩中に排せつさせないしつけをすることが必要です。このしつけができていれば、散歩で排せつすることはありません。人に迷惑をかけないだけでなく、飼い主にも次のようなメリットがあります。

1. 散歩中、排せつ物の後始末の必要がなくなります。

2. 散歩中、犬の排せつ中に感じる後ろめたさがなくなります。

3. 雨の日や体調の悪い日に排せつのための散歩をしなくてすみます。

 犬は、排せつしようとするとき、あたりのにおいをかぎながら歩き回り、落ち着かなくなるので、すぐにトイレの場所へ連れて行きます。正しいトイレの場所で上手にできたら、ちゃんと褒めてあげて、ここで用を足すのが正しいということを教えこみます。このとき、決まった号令をかけると効果的です。はじめはなかなかうまくいかず、決められた場所以外で排せつをしてしまうことがありますが、この時にすぐに叱ってしまうと、犬は排せつしたことを怒られてしまったと勘違いしてしまいますので、絶対に叱ったり体罰を与えないないでください。犬は褒められると、また同じように褒められたいと思うのです。こういったことの繰り返しで徐々に覚えさせていきます。

散歩中のしつけ

 草むらや電柱のにおいをかぐと、排せつやマーキングをしてしまうのは犬の本能です。犬を自由にして散歩させていれば、多くの場合、排せつしてしまいます。引き綱を短く持ち、草むらや電柱のにおいをかがせないように、飼い主主導で散歩しましょう。

 できれば「ツケ」の体勢で散歩しましょう。「ツケ」の体勢で頭を上げ、地面をかがせないようにすると、排せつとマーキングが減ると考えられます。

 次のようなしつけ方法があります。

 

例1

 犬が飼い主の左側に座るように教えます。次に、手に食べ物などを持って犬の鼻先に近づけ「ツケ」と声をかけ犬と一緒に歩きます。そのとき必ず犬の目を見てください。犬はすぐに前に出たり、違う方向に行きたがったりしますが、その都度「ツケ」と声をかけ引き綱を使って左側に来させます。
 引き綱は、引っ張るものではなく合図するものと考えてください。

例2

 飼い主の横につかせて、飼い主より前に出たり、出ようとしたとlきに<方向転換をする>又は、<停止・無視する>を繰り返します。

 最も重要なのは飼い主の根気と忍耐力です。

 

猫の飼い方について

 保健所には、猫の放し飼いによるふん尿の苦情が多く寄せられます。他人に迷惑をかけないため、また病気の感染や交通事故を防ぐためにも猫は室内で飼いましょう。

〜「北海道動物の愛護及び管理に関する条例のあらまし」から〜

Q : 部屋に閉じこめるのは猫の習性からいってかわいそうじゃないの?

 

A : 猫を屋外に出すのは、人間の道具としてネズミ捕りをさせてきた伝統的な飼養形態が続いているからです。
 しかし、猫は単独行動をとり、狭い範囲でなわばりをつくる動物なので、小さいときからその空間で育ててやればストレスを感じることはありません。肥満に関しても、動かないときはあまり食べないなど猫自身でコントロールが可能ですし、猫はいろいろなところに飛び乗ったりして、立体的に行動するので室内でも十分な運動をすることができます。
 室内で飼うことは猫にとって良いことばかりです。日本中にまん延している猫免疫不全ウイルス感染症のように、治療法のない恐ろしい病気の感染を防ぐことができます。また、交通量の多い都市部での死亡原因の一つになっている交通事故を防ぐことができます。寿命も室内飼養では平均10年以上になりますが、野良猫は5〜6年といわれてます。
 かわいい大切な猫だからこそ、大事に愛情を持って室内で飼うべきです。

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.