ペットの適正飼養等について

 小樽市保健所は、市民と動物がともに仲良く暮らせるように、ペットの適正飼養と終生飼養の普及啓発をすすめています。

 ペットを飼うときは、以下のことに注意しましょう。

ペットを飼う心構え

・犬、猫をはじめとしたペットを飼う場合は、その動物の習性、生態等を十分理解しなければいけません。飼い主にも動物にもストレスのない飼い方をしてください。

・鳴き声、ふん尿で近隣に迷惑をかけないようにし、動物が苦手な人や嫌いな人のことも考えて飼いましょう。

・避妊・去勢手術は望まない繁殖防止、病気の予防、性成熟・発情に関するストレス軽減などいろいろなメリットがあります。適切な時期に避妊・去勢手術を受けさせましょう。

最後まで面倒をみるのは飼い主の最低限の責任です。事情があって途中で飼えなくなったのであれば、自分で新しい飼い主を探す努力をしてください。ペットを家族の一員と思っているのなら、安易な飼育放棄をしてはいけません。

・法律や条例で飼い主が守らなくてはならないルールが定められています。詳しくは、犬猫を飼うときに気をつけることを御覧ください。

・動物を飼うということは、その命に責任を持つということです。安易な考えで動物を飼うと、その動物にとっても、飼い主にとっても不幸な結果を招きかねません。動物を飼う前に、最後まで面倒を見ることができるか考え、自分のライフスタイルに合った動物を飼いましょう。

ペットが逃げた!!

・すぐに小樽市保健所生活衛生課衛生指導グループ(0134-22-3118)に連絡してください。また、市民が保護してくれたペットが交番に届けられることもあるので、小樽警察署(0134-27-0110)にも連絡しておくことをお勧めします。

・小樽市保健所では、犬を保護した場合は小樽市犬管理所に収容します。その犬の写真や特徴等の情報は、収容犬情報に掲載しています。

協力していただいているボランティアについて

 小樽市保健所では、動物衛生行政に御協力をいただけるボランティアを登録し、協働しています。

ここでは登録しているボランティアを御紹介します。

小樽市犬管理所ドッグエンジェルHIKARU

 小樽市犬管理所ドッグエンジェルHIKARUの歩み(PDF:173KB)

 連絡先:小樽市社会福祉協議会(0134-33-5299)

 【活動趣旨及び内容】

・小樽市犬管理所業務に協力し、犬の殺処分・収容犬ゼロを目指します。

・動物愛護の意識レベルの向上を願い、市民に周知啓発することで、収容犬の譲渡率向上とペットの飼育放棄抑止に貢献します。

・小樽市犬管理所が市民に開かれた場所になることを目標に活動しています。

WeLoveAnimals

【活動趣旨及び内容】

・捨て犬ゼロ・終生飼いを認知してもらうため、FMおたるで毎週水曜日12時台に「こんにちワンちゃん」という番組を放送し、保健所の収容犬情報等をお話しています。

・人間と動物達が共存・共栄できる街、人間も含め生き物にやさしい人たち・街小樽を目指しましょう。

小樽飼い主探しサポート(個人)

【活動趣旨及び内容】

 小樽市での犬猫の殺処分数ゼロを目指すための新しい飼い主探しを行うとともに、犬猫をはじめとする動物達が人間の愛情のもとに生命を全うすることが当たり前と考える社会を目指し、ホームページ「小樽飼い主探しサポート」(外部サイト)による犬猫の飼い主探し支援を展開しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.