祝津鰊御殿と日和山灯台&クルーザー

地震後の火災防止について

停電中に自宅を離れる際はブレーカーを落としましょう。

給電が再開された場合に、地震により損傷した配線や電気機器から出火する場合があります。自宅を離れるときはブレーカーを落とし、給電が再開された場合は、配線や電気機器に異常がないか点検してください。

ろうそくは極力使用しないようにしましょう。

ろうそくが余震などで倒れ火災となる場合があります。ろうそくは極力使用しないようにしましょう。どうしても使用しなければならない場合は、倒れても火災にならないよう安全な容器や場所で使用してください。

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.