小樽市消防団

消防団PRポスター●小樽市消防団は、地域に密着した防災機関として「わがまちを災害から守る」という使命感のもと、地域の防災リーダーとして約450名の消防団員が在籍しており、年齢は18歳から70歳まで、職業も自営業、サラリーマン、学生などさまざまで、女性も所属し同様に活動しています。

●主な管轄区域は下の表のようになっており、第1分団から第18分団に分かれ、それぞれ統率のとれた活動をしています。

●小樽市では、消防団活動に積極的に協力する事業所等を認定することにより、事業所の消防団活動への協力が、地域への社会貢献として広く評価されると同時に、事業所の協力を通じて地域の消防・防災体制がより一層充実されることを目的とした、「消防団協力事業所表示制度」を実施しています。
 ◆「消防団協力事業所表示制度」のページはこちらから移動できます

 また、大学等に在学中、小樽市消防団に所属し、消防団活動を通じた地域への社会貢献を行った学生を対象とした、「小樽市学生消防団活動認証制度」を実施しています。

 ◆「小樽市学生消防団活動認証制度」のページはこちらから移動できます

 

小樽市消防団の管轄区域

各分団の主な管轄区域

第1分団 手宮・末広・梅ヶ枝・清水・豊川・石山・錦 第10分団 祝津

第2分団

稲穂 第11分団 赤岩・祝津の一部・高島の一部
第3分団 富岡・緑・最上 第12分団 桜・望洋台・船浜
第4分団 花園

第13分団

朝里・新光・新光町・朝里川温泉
第5分団 色内・港・堺・東雲・相生・山田 第14分団 張碓・春香
第6分団 有幌・住吉・住ノ江・入船・松ヶ枝 第15分団 銭函・星野・見晴・桂岡
第7分団

若松・奥沢・真栄・天神

第16分団 信香・新富・勝納・若竹・潮見台・築港・真栄の一部
第8分団 長橋・幸・オタモイ 第17分団 塩谷・桃内
第9分団 高島 第18分団

蘭島・忍路

 

消防団の活動について

災害等の活動

放水訓練の様子 火災、地震、台風などの災害が発生した場合には、消防本部と一体になって、迅速に消火活動や救出活動、避難誘導などを行い、まちと地域住民の安全を守るのが消防団の大きな役割です。そのため定期的に訓練などを行っています。

 

 

火災予防活動

 毎月10日の「防火の日」や火災予防運動期間中などには、防火夜回りを行い、地域の火災予防を啓発しています。

地域と連携した活動

 消防団員は地域の防災リーダーとして、地震や大きな災害が発消火器の取扱い指導の様子生した場合に備え、住民一人一人の防災行動力を高めるため、出火防止、初期消火活動など、防火、防災の指導を行っています。

 

 

 

 

 

入団後の処遇について

●報酬の支給

  1. 階級に応じ、年報酬を支給します。
  2. 火災などの災害、各種訓練及び警戒活動に出場したときに報酬を支給します。

●公務災害補償

消防団活動中に負傷した場合には補償制度があります。

●被服等の貸与

消防団活動に必要な活動服や安全靴などが貸与されます。

消防団に入りませんか?

 小樽市消防団では、地域防災の要となる消防団員を募集しています。団員募集チラシ

 現在、会社員、自営業者、学生、主婦など様々な職種、男女を問わずに幅広い年齢層の方々が消防団員として活躍しています。

 あなたも一緒に消防団活動をしてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入団資格

 〇小樽市内に居住、または小樽市内に通勤・通学している方

 〇年齢18歳以上の健康な方

 

消防団に関するお問合せは小樽市消防本部総務課(消防団担当者)へ

問合せ先

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.