小樽市の消火栓について

小樽市は、全国的にも珍しい消火栓の色分け(赤・青・黄)を行っています。
その理由とは・・・・・。

本市は『坂のまち小樽』と言われるほど、市街地に山が迫り、全体に坂も多く、住宅地の高低差が激しい街です。このような地理的条件から、水道局が市民に安定した水を供給するため、配水池など35カ所配置しており、配水系統は実に40系統にも及びます。そして、そこから延びる配水管に、消火栓が接続されているという訳です。
昭和49年、小樽市内で全焼6棟、半焼1棟、部分焼4棟(29世帯・罹災者(りさいしゃ)93名)、焼失面積2,519平方メートルという大きな火災が発生し、その際、同じ配水系統の消火栓から何台もの消防車が水を吸ったため、「配水管の中の水量が落ち、消火栓から水が出にくくなる」という経験をしました。この経験をもとに、職員が「一目で配水系統の異なる消火栓を見分けられるように」と消火栓の色分けを行い、現在では約1,500基を整備しています。

小樽市の消火栓の色

小樽市内の消火栓

低区系消火栓

赤赤

高区系消火栓

青青

中区系消火栓

黄黄

真栄系

黄赤

赤岩系

青赤

低区系他

15系統

高区系他

8系統

中区系他

4系統

真栄系他

9系統

赤岩系他

4系統

 

水の流れと火災防ぎょ

水の流れと火災防ぎょ図

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.