小樽ゆき物語

アーティスト・バンク

OtaruArtistBank

三上俊昭(みかみとしあき)(号=山骨(サンコツ)・哄穹(コウキュウ))

アーティスト情報
登録No. 61 作品「樹」

第12回さんかく展より「樹」

活動分野
(ジャンル)
書道(墨象)
代表者名
人数
連絡先住所 小樽市長橋5丁目28番31号
連絡先電話番号 0134-33-4355
ファクス 0134-33-4355
E−mail
ホームページ

 −

市内における主な活動場所

 運河プラザ・市立小樽美術館

 

 

プロフィル

■書道■

  1. 墨象を中心として幅広い表現を目指す。
  2. 他のまね事ではなく、自分らしい作品を創作する。
  3. 収穫の喜びに似た心で制作する。

■プロフィル■

  1. 大学2年の秋、加納守拙・佐藤大朴先生と巡り合い《墨象の世界》に入る。
  2. 高校の書道教員(昭和38年~平成13年)として勤務するかたわら創作活動にも情熱を傾ける。
  3. 一匹狼として生きる書家、井上有一に私淑し影響を受ける。
  4. 平成5年より7度中国を訪問。書の本場中国の広大な大地に立ち空気に触れる。
  5. 中国訪問に合わせて《甲骨文字》への関心が高まり、創作活動に結びついている。
  6. 30歳以降、公募展への出品を止め、個人やグループを中心に作品発表している。
    • 個展2回(平成11年・13年)
    • 「書の四人展」(哄穹・雅倫・禮子・由紀子により、昭和48年~16回)
    • 「△展」(山骨・雅倫・禮子により、平成5年~継続中)
    • 「札幌墨象会展」(昭和51年~継続中)
    • 「北海道書道展」(昭和46年~会員出品)
    • 「北海道前衛書展」(平成15年~継続中)
  7. 札幌墨象会の月例研究会により書の学習を深めている。
  8. 北海道書道教育研究会(雑誌「墨遊」)の常任理事を務める。
  9. 自己流の篆刻を楽しんでいる。

■受賞歴■

  1. 昭和45年(29歳)「北海道書道展準大賞」を受賞し、道展会員となる。
  2. 平成12年「道展30年表彰」を受ける。
  3. 平成17年「小樽文化貢献賞」を受ける。

 

展覧会のご案内

第4回 文団協・雪あかりジョイント事業  A Crystal Night in Art Museum 〜 書と音のハーモニー 〜に出展します

■会期:平成31年2月14日(木)〜17日(日)午前10時〜午後9時

(最終日は午後8時まで)パフォーマンス(管弦楽)は毎日午後7時00分(1日1回公演、約30分)

■会場:市立小樽美術館1階多目的ギャラリー(小樽市色内1-9-5電話0134-34-0035)

■入場料:無料

書と音のハーモニー

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.