紅葉の小樽運河

小樽市指定歴史的建造物第7号【旧名取高三郎商店】

旧名取高三郎商店の外観

  • 名称:旧名取高三郎商店
  • 所在地:小樽市色内1丁目1番8号
  • 建築年:明治39(1906)年以降
  • 構造:木骨石造2階建
  • 建築時の用途:店舗
  • 指定年月日:昭和60(1985)年7月23日

概要

山梨県出身の銅鉄金物商名取高三郎が、明治37年の稲穂町大火後に建てた店舗で、裏手に住宅や倉庫を連ねていました。角地に建ち、西側と南側に開いた形で防火のための袖壁(うだつ)を設けています。外壁には札幌軟石が使用されており、上部壁体を鉄柱で支える構造となっています。小樽の明治後期の代表的商家建築といえます。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.