紅葉の小樽運河

小樽市指定歴史的建造物第9号【旧第百十三国立銀行小樽支店】

旧第百十三国立銀行小樽支店の外観

  • 名称:旧第百十三国立銀行小樽支店
  • 所在地:小樽市堺町1番20号
  • 建築年:明治28(1895)年
  • 構造:木骨石造1階建
  • 建築時の用途:銀行
  • 指定年月日:昭和60(1985)年7月23日

概要

この建物は、小樽支店として建てられましたが、業務拡大に応じ明治41年にこの通りの少し北寄りに支店が移されています。その後、木材貿易商の事務所や製茶会社の建物としても使用されました。平屋建ての比較的小規模な建物ですが、寄棟の瓦屋根に「トンガリ」飾りを付けた和洋折衷の構成で、明治の面影を良く伝えています。軒下に刻まれた分銅模様のレリーフが百十三銀行のシンボルです。

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.