紅葉の小樽運河

小樽市指定歴史的建造物 第60号 龍徳寺本堂

 名称   龍徳寺本堂
         RYUTOKU TEMPLE SANCTUARY

 所在地  小樽市真栄1丁目3番8号

 建築年  明治9(1876)年

 構造  木造1階建

 建築時の用途  寺院

 指定年月日  平成6(1994)年7月7日

概要

龍徳寺本堂は、市内で最古の寺院本堂です。

寺院設立の発願は、安政4(1857)年、函館の高龍寺18世和尚によります。

創設の地は信香町、次いで若松、さらに現在地へと移転しました。

現本堂は、棟梁北見八百蔵(佐渡)、脇棟梁古山仁三郎(新潟)によって建てられました。

屋根は入母屋造り、平入りでほぼ旧態を残しています。本堂左手の金比羅殿(棟梁加藤忠五郎)と鐘楼は、明治22年の創建です。

境内には市指定保存樹木の夫婦イチョウがあります。

 

 小樽市指定歴史的建造物ギャラリー  |   地図へ戻る  |   建造物一覧へ戻る  |  小樽市指定歴史的建造物トップ

 

 

 

 

このサイトは島根県CMSで構築されています。
Copyright © 2009 Otaru CIty.